【きょうの料理】カリカリから揚げの作り方。栗原はるみのキッチン日和

きょうの料理

2022年4月6日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、栗原はるみさんの「カリカリから揚げ」の作り方をご紹介します。

2年目に突入した栗原はるみさんのキッチン日和。今月ははるみさんが長年作り続けている「カリカリ唐揚げ」。手羽中のお肉は唐揚げに使い、残った手羽先でだしをとって「手羽先のかきたまスープ」に。デザートは、チョコ生地にバナナを入れた濃厚な「チョコバナナブラウニー」を教えてくれました。材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

カリカリから揚げの作り方


出典:きょうの料理

材料(4人分)

  • 鶏手羽先:12本
    ※手羽中にして約500g

[A]
  • しょうゆ:大さじ3
  • 酒:大さじ2
  • しょうが汁:大さじ1
  • にんにく(すりおろす):大さじ1/2

[B]

  • 小麦粉:大さじ3
  • かたくり粉:大さじ2
  • レモン:適宜
  • 片栗粉:適量
  • 揚げ油:適量
スポンサーリンク

作り方

  1. 手羽先は関節のつなぎ目に包丁を入れ、先端と手羽中に切り分け、手羽中は身側の骨に沿って切り込みを入れる。先端はスープに使う。
    手羽中は切り込みを入れると味がしみやすく、火の通りもよくなる。
  2. ボウルに手羽中を入れ、[A]を加えてよくもみ込む。ラップをして冷蔵庫に3時間以上おき、下味をつける。
  3. 揚げる30分〜1時間前に下味をつけた手羽中を冷蔵庫から出す。[B]を加えてよく混ぜ、ドロッとした状態の衣にする。
  4. (3)に、さらに片栗粉(適量)をまぶす。
    衣の上からかたくり粉をたっぷりとまぶすことで、カリカリに揚がる。
  5. 170〜180℃に熱した揚げ油に(4)を入れ、表面がカリッとして火が通るまで3~4分間揚げる。器に盛り、好みでレモンを添えて完成!
    カリッとした食感を楽しめるように、揚げ上がりは重ねずに盛り付ける。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました