【きょうの料理】さつまいもマフィンの作り方。菅又亮輔さんの簡単レシピリレー『さつまいも1本あったなら?』

きょうの料理

2021年10月26日放送NHK「きょうの料理」で放送された、菅又亮輔さんのさつまいも1本「さつまいもマフィン」の作り方をご紹介します。

今回のテーマは『さつまいも1本あったなら・・・?』。6名の講師が自慢の「簡単レシピ」をリレー形式で紹介!

『さつまいも1本あったなら・・・?』どんな料理を作りますか?材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

さつまいもマフィンの作り方

菅又亮輔さんのさつまいも1本のレシピは、くちどけのよい生地とちりばめたさつまいもとの相性抜群のさつまいもスイーツです。お好みでメープルシロップやブランデーをかけると、さらにさつまいもの風味が引き立ちます。

材料(直径7㎝のマフィン型・8個分)

  • さつまいも:1本(200g)
  • バター(食塩不使用):60g ※常温に戻したもの
  • グラニュー糖:70g
  • 塩:1g
  • 溶き卵:1個分(60g) ※常温に戻したもの
  • 牛乳:70ml

  • 薄力粉:160g
  • ベーキングパウダー:4g ※薄力粉と合わせ、ふるっておく
スポンサーリンク

作り方

  1. さつまいもは皮ごとラップで包み耐熱皿にのせ、電子レンジ(600w)で2分間加熱する。
  2. ラップをはずして粗熱をとり、皮を剝いて1㎝角に切る。
  3. ボウルに、常温に戻したバター入れてゴムべらで練り、グラニュー糖を入れて泡だて器で白っぽくなるまで混ぜたら、塩(1g)を入れて混ぜる。
  4. 溶き卵は一度に加えず、数回に分けて少しずつ馴染ませたら、牛乳を加える。
    牛乳を加えることで、軽いくちどけの生地になる。
  5. 薄力粉とベーキングパウダーを加え、ゴムベラで切るように混ぜる。
  6. 耐熱用の紙カップを敷いた型に生地を入れ、(2)のさつまいもをトッピングする。
    生地は、絞り袋に入れてから型に入れると、仕上がりが綺麗になる。
  7. 160℃のオーブンで約30分間焼けば完成!

まとめ

菅又亮輔さんのさつまいも1本「さつまいもマフィン」の作り方をご紹介しました。ご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました