【ごはんジャパン】カツオのタタキの作り方|市販のかつおのタタキを蘇らせるひと手間

ごはんジャパン

2020年9月5日放送「ごはんジャパン」は和食の匠『青華こばやし』小林雄二シェフがアジ・カツオ・シラスを使って海鮮丼を披露してくれました。脂がたっぷりのって黄金に輝く相模湾の朝どれの金アジを「アジのなめろう」に、同じ相模湾で獲れたカツオとシラスを「カツオのタタキ」「釜揚げしらす」にしたものを盛り合わせた季節の海鮮丼です。

その中から、こちらでは家庭でも簡単にできる「市販かつおのタタキを蘇らせるひと手間」をご紹介します。藁焼きはできませんが、フライパンを使って市販のかつおのタタキを蘇らせるひと手間を伝授してくれましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Check!てのしま 主人の「マコガレイの煮付けの作り方」はこちら
スポンサーリンク

市販かつおのタタキを蘇らせるひと手間

材料(2~3人前)

  • カツオのタタキ:1サク
  • タマネギ:1/2個
  • ミョウガ:2個
  • ネギ:適量
  • 酢:適量
  • ショウガ汁:小さじ1
  • しょうゆ:小さじ1
  • 塩:適量

[タレ]
  • マヨネーズ:100g
  • 卵黄:10g
スポンサーリンク

作り方

  1. 市販のカツオのタタキ全体に塩をふる。皮の方は多めにふる。
  2. フライパンに油を引いて強火で皮目から焼いていく。
    POINT!皮目に塩を強めに振ることで焦げない。
  3. 脂をキッチンペーパーで拭き取る。
    POINT!カツオの臭みが溶けだした脂を吸い取る。
  4. 裏返してキツネ色になるまで強火で2~3分焼く。
  5. フライパンから取り出し、お酢を全体にかけ軽く叩いて馴染ませる。
    POINT!酢をかけて馴染ませると焼き立ての味わいになる。
  6. カツオのタタキを食べやすい大きさに切り、立体的に盛りつける。
  7. 玉ネギ(スライス)、ミョウガ(輪切り)、ネギ(小口切り)を添え、マヨネーズ100gと卵黄10gを合わせたソースをカツオのタタキにかけたら完成!

小林シェフのお店「青華こばやし」 アクセス

住 所:〒160-0007 東京都新宿区荒木町10−17
電 話:03-6380-0978
定休日:日曜営業(※詳細はホームページにて)
時 間:12:00~21:30 ※昼、夜とも完全予約制
ホームページ:https://www.seika-kobayashi.com/

ごはんジャパン『青華こばやし』林シェフのレシピ

まとめ

「市販かつおのタタキを蘇らせるひと手間」をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当サイトでは、ごはんジャパンで紹介された家庭でもデキるレシピを多数まとめています。ぜひ合わせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました