【ごはんジャパン】サバのゴマ茶漬けの作り方|家庭でデキるプロ技を小林雄二シェフが伝授(2020.7.11)

ごはんジャパン

20207月11日放送 ごはんジャパンは、焼き魚の匠・小林雄二シェフが家庭でもデキる魚料理「サバ茶漬け」に「イワシの梅じそ焼き」の2品を伝授!
こちらでは、サバ缶でプロの味になる「サバ茶漬け」のレシピをご紹介します。青魚特有の臭みがなくうま味がたっぷり詰まったサバ缶が、ちょっとしたひと手間でぐんとおいしくなるプロ技を教えてくださいましたよ。

こちらでは、名店の味をサバ缶で!?「サバのゴマ茶漬け」のレシピをご紹介します。

【ごはんジャパン】ごまだれ冷やし中華の作り方|家庭でできるプロ技を菊島弘従シェフが伝授(2020.7.4)

スポンサーリンク

「サバのゴマ茶漬け」お店での作り方


出典:ごはんジャパン

まずは、サバを3枚におろし、切り身にして串を刺して焼きます。

  1. サバの皮に切りめを入れ、串を打ち塩を振る。

    出典:ごはんジャパン
  2. 切り目を入れた皮から焼く。切れ込みの間から油が落ち香ばしくなる。
  3. ご飯の上にのり・錦糸卵・大葉を盛る。
  4. サバをのせ、ゴマのペーストを入れて香り立てる。
  5. 仕上げに、一番だし(昆布・かつお)をかける。
スポンサーリンク

サバ缶で簡単!家庭でもできる「サバのゴマ茶漬け」の作り方


出典:ごはんジャパン

材料(1人分)

  • サバ水煮缶:1缶(190g)
  • 塩:適量
  • 竹串:2本
ゴマダレの材料
練りゴマ:30g
しょう油:30ml
  • ご飯:適量
  • 海苔:適量
  • 錦糸卵:適量
  • 大葉:大葉
  • 新しょうが(千切り):適量
  • お好みで「ほうじ茶・かつおだし・冷たいお茶」

作り方

  1. サバ缶の背骨と血合いは取り除く。
  2. 竹串でサバを打つ。
    POINT!身が崩れやすいので、中心に打つ!
  3. 塩を振ってから、トースターで約4分焼く。※魚焼きグリルでも可能。
    POINT!トースターで水分を抜く&温める。
  4. 【ゴマダレを作る】
    練りゴマにしょう油を少しずつ入れて伸ばす。
    POINT!落ちたサバの脂・うま味をゴマの油で補う。
  5. 焼き目がつけば出来上がりのサイン!
    サバが焼けたら、トースターから取り出し、串を抜く。
  6. 丼にご飯・海苔・錦糸卵・大葉を盛る。
  7. 焼いたサバ・ゴマダレ(ペースト)・千切りにした新しょうがを盛る。
  8. かけるのはほうじ茶・かつおだし・冷たいお茶でもOK!
かけるものはお好みでOK!量はご自身が思ったよりも少し超える量をかけてください。

小林雄二シェフ直伝の「サバ茶のゴマ漬け」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2020.7.11放送】ごはんジャパン 関連記事

【ごはんジャパン】イワシの梅じそ焼きの作り方|家庭でデキるプロ技を小林雄二シェフが伝授(2020.7.11)

タイトルとURLをコピーしました