【ごはんジャパン】簡単ごちそう生姜焼きの作り方。調理時間10分!林亮平シェフのレシピ

ごはんジャパン

2021年9月11日放送「ごはんジャパン」で放送された、和食の匠・林亮平シェフ(『てのしま』オーナーシェフ)直伝「簡単ごちそう生姜焼き」の作り方をご紹介します。

東京都八王子市を訪れ、大人気の八王子ショウガを紹介!林シェフが葉ショウガの美味しさを味わえる、斬新な生姜焼きを披露!ショウガはすりおろさず、肉もタレに付け込まない調理時間はたったの10分の生姜を食べる生姜焼きのレシピです。タレの配合も大公開!ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

簡単ごちそう生姜焼きの作り方

材料

  • 葉ショウガ
  • 豚バラ肉
  • 片栗粉

[タレ]

  • しょう油、酒、みりん「1:1:2」の割合

  • 酢:少量
  • 砂糖

作り方

  1. ショウガは細切りにする。
  2. 豚バラ肉を広げ、細切りにしたしょうが(4~5本)をのせて巻く。
    豚バラ肉はタレに漬け込まない。生姜は噛んだ時の味わいと食感を活かす。
  3. 生姜を巻いた肉に片栗粉をまぶし、タレを入れずに焼き目をつける。
  4. 肉に火が通ったら、キッチンペーパーで余計な脂を吸い取る。
    タレを入れる前に余計な脂を吸い取ることで、上品な味わいになる。
  5. しょう油、酒、みりんを「1:1:2」の割合で加え、少量の酢、砂糖(少々)を少し入れて、とろみがつくまでタレをからめる。
    隠し味に入れるお酢で、さっぱりとして味に深みも出る。砂糖を加えることで、ほろ甘くなり生姜の辛味を楽しめる。
スポンサーリンク

まとめ

和食の匠・林亮平シェフ「簡単ごちそう生姜焼き」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当ブログでは、ごはんジャパンに関する記事を多数まとめていますので、ぜひ合わせてお読みくださいね。
「ごはんジャパン」関連記事はこちら
ごはんジャパン 毎週土曜 18時30分~18時56分放送
[ナビゲーター] 草野満代
[ナレーション] 酒井敏也
[グランシェフ] 林亮平(『てのしま』オーナーシェフ)
[ゲスト] 須田亜香里(SKE48)/東啓介(俳優)
[解説] 福岡伸一(生物学者)
タイトルとURLをコピーしました