【ごはんジャパン】本格ナポリタンのレシピ。大宮シェフが家庭でもできる名店のトマトソースを伝授!

ごはんジャパン

2021年6月4日放送「ごはんジャパン」で放送された、浅草 洋食の匠・レストラン大宮 大宮勝雄シェフ直伝「本格ナポリタン」の作り方をご紹介します。

今回の放送では、純烈の小田井涼平さんと女優の高田夏帆さん、浅草の洋食の匠・大宮勝雄シェフが埼玉県さいたま市にある近所の主婦の皆さんが日替わりでシェフを務める「農家レストラン」を訪問。色とりどりの新鮮な野菜が大人気の農家レストランで、大宮シェフがお店自慢のトマトをふんだんに使った“洋食屋さんのナポリタン”を披露!そして本格的な味になる3つのポイント、家庭でも作れる名店のトマトソースの秘訣を伝授!ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

本格ナポリタンの作り方

大宮流本格的トマトソースの極意!3つのポイント

①トマトは冷凍したから潰す。
②ニンニクは皮ごと炒めて香りは控えめに。
③隠し味にピーマンの香りをほのかに移す”隠し香りの技”。

材料

[トマトソース]

  • トマト(冷凍させておく)
  • ニンニク(皮ごと潰して使う)
  • 玉ねぎ(みじん切り)
  • ピーマン(包丁を一刺しする)
  • オリーブオイル
  • バター(無塩)

  • スパゲティ
  • 玉ねぎ
  • ミニトマト
  • ズッキーニ
  • チョリソー
  • トマトケチャップ

  • オリーブオイル
  • 粉チーズ

作り方

  1. トマトは凍ったまま鍋に入れ強火にかける。ブレンダー等で潰しながら、アクは取らずに10分程煮詰める。
    トマトは1回冷凍すると作業がしやすくなる。皮が取れやすくなり、撹拌もしやすい。
  2. 煮詰めたらザルで丁寧に裏ごしする。
    タネの周りは酸味が集まっている。うま味を残さず使えるように、種と皮が残るまで時間をかけて木べらなどで濾す。
  3. 濾したらさらに15分煮詰める。
  4. 鍋にオリーブオイルをたっぷり入れて、フレッシュトマトの香りを生かすため、ニンニクは手で潰して皮ごと炒める。
    皮ごと入れることによって、ニンニクの香りが柔らかく感じる。皮ごと入れるので、香りが出過ぎる前に取り出せる。
  5. みじん切りの玉ねぎ、煮詰めたトマトスープ(3)を加えて加熱する。
  6. 包丁を刺したピーマンを丸ごと(5)に入れて、隠し味にピーマンの香りをほのかにうつす。
    ピーマンの独特の香り成分”ピラジン”がトマトの甘みを引き立たせる。ピラジンはタネとワタに多く含まれるので、丸ごと使うことで効率よく香りが付く。
  7. バター(無塩)を加えれば、トマトソースの完成。
  8. フライパンに油をひき、タマネギを炒める。玉ねぎに軽く火が通ったら、ミニトマト、ズッキーニ、チョリソーを炒める。
  9. (7)トマトソースを加え、ケチャップで味を調える。
  10. スパゲティを袋の表示通りに茹で、(9)のフライパンに加え、具材とソースを絡める。
  11. お皿に盛り付け、粉チーズを振れば極上カラフルナポリタンの完成!
スポンサーリンク

「レストラン大宮」 店舗情報

レストラン大宮
[住所]〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目1−3
[電話]03-3844-0038

まとめ

レストラン大宮 大宮勝雄シェフ直伝「本格ナポリタン」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当ブログでは、ごはんジャパンに関する記事を多数まとめていますので、ぜひ合わせてお読みくださいね。
「ごはんジャパン」関連記事はこちら
ごはんジャパン 毎週土曜 18時30分~18時56分放送
[ナビゲーター] 草野満代
[ナレーション] 酒井敏也
[グランシェフ] 大宮勝雄(『レストラン大宮』オーナーシェフ)
[ゲスト] 小田井涼平(純烈)/高田夏帆(女優)
[解説] 福岡伸一(生物学者)
タイトルとURLをコピーしました