【相葉マナブ】3種の新じゃがバターの作り方|旬の産地ごはん鎌倉野菜のレシピ

相葉マナブ

2021年6月6日テレビ朝日「相葉マナブ」で放送された、旬の産地ごはん“鎌倉野菜”を使った絶品料理「3種の新じゃがバター」の作り方を紹介します。

今回放送の「相葉マナブ」のテーマは、海と山に囲まれた神奈川県鎌倉市で栽培されている鎌倉野菜を使った絶品料理“旬の産地ごはん~鎌倉野菜~”です。ミネラルを多く含み、非常に味が濃いと言われている鎌倉野菜を使った絶品料理を、地元の奥様から学びます。

“3種類のカラフルな新じゃがいも”を皮ごと使ったじゃがバター、炙ると海苔の香りがする“おかのり”を使った韓国のり風おにぎり“おかのり”の粘りを活かしたどんぶり、赤や黄色の色鮮やかな野菜“スイスチャード”を使ってペペロンチーノを作ります。他にも一風変わった“ビーツ”“コールラビ”などの鎌倉野菜を使った絶品料理も教えてくれます。材料と作り方をまとめたレシピを紹介しますので、是非参考にしてみてください。

前回の”旬の産地ごはん~日野樽トマト~”のアレンジレシピはこちら

スポンサーリンク

3種の新じゃがバターの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

カラフルなじゃがいもに十文字の切込を入れてレンチンし、バターをのせたら完成です。・左からシャドークイーン(ねっとり)、ノーザンルビー(あっさり)、アンデスレッド(濃い ※相葉くん曰く、ほろ酔い小峠)。カラフルで見た目も色鮮やか。新じゃがなら、芽はとって皮ごと食べられます。

材料

  • ノーザンルビー:1個
  • シャドークイーン:1個
  • アンデスレッド:1個
  • バター:30g(各10g)
スポンサーリンク

作り方

  1. ジャガイモは芽を取り、よく洗って、十字に切り込みを入れる。
    新じゃがなので、よく洗えば皮ごと食べられる。
  2. 皮付きのままラップで包み、電子レンジ(600w)で5分加熱する。
  3. ラップを外し、十字のところにバターをのせれば完成!

まとめ

相葉マナブ『旬の産地ごはん~鎌倉野菜~』で放送された「3種の新じゃがバター」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2021.6.6放送】相葉マナブ 関連記事


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)・あばれる君
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました