【相葉マナブ】味噌の炊き込みご飯の作り方|信州で味噌づくり(2020.11.1)

相葉マナブ

2020年11月1日・相葉マナブ『マナブ!信州で味噌づくり』で放送された絶品味噌料理のレシピ「味噌の炊き込みご飯」の作り方をご紹介します。

今回で6年目となる恒例の味噌づくりをするのは、長野県須坂市にある信州みその味噌蔵「塩屋醸造」さん。昨年、相葉さんの後輩であるふぉ~ゆ~の辰巳雄大さん・松崎祐介さんと一緒に仕込んだ味噌が完成し、その味噌を使った料理を味噌蔵の女将から教わります。相葉くんの大好物ナポリタンや、炊き込みご飯他、意外な料理と合わせて味わいました。

スポンサーリンク

「味噌の炊き込みご飯」の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(4人分)

  • 米:3合
  • ながいも(メークイン):150g
  • 鮭:3切れ(300g)
  • 塩・コショウ:各適量
  • かつお昆布ダシ:360ml
  • みそ:100g
  • 氷:100g

  • バター:15g
  • 青ネギ(小口切り):適量

作り方

  1. じゃがいもは皮を剝き、15㎝の角切りにする。鮭はひと口大に切り、鮭に塩・コショウをかけて揉み、下味をつける。
  2. かつお昆布ダシを入れたボウルに味噌を加えて溶く。
    POINT!先に溶いておくと炊いたときムラができない。
  3. 土鍋に、浸水したお米、鮭、じゃがいも、みそを溶いた出汁(2)、氷を入れ、15分炊いて、10分蒸らす。
    POINT!氷を入れることで沸騰まで時間がかかり、米がモチモチに!
  4. 炊き上がったらバターを加えて全体をかき混ぜる。お茶碗に盛り付け、ネギを散らして完成!
スポンサーリンク

塩屋醸造「信州みそ」お取り寄せ情報

Check!北信州特産のえのき茸をペースト状にして、みそと一緒に発酵させたうまみたっぷりの塩屋醸造の「えのきみそ」をふるさと納税でお取り寄せできます。お味噌汁はもちろん、もろきゅうや野菜スティックにもよく合います。

また、塩屋醸造の公式通販サイトでは、えのきみそ、こうじみそを始め、味噌で漬けたお漬物やしょうゆ、甘酒、贈り物セットなども取り扱っていますよ。

塩屋醸造 公式通販サイトはこちら

まとめ

「味噌の炊き込みご飯」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2020.10.18放送】相葉マナブ『マナブ!信州で味噌づくり』関連記事

【相葉マナブ】信州で味噌づくり!味噌蔵女将直伝のレシピまとめ(2020.11.1)

【相葉マナブ】焼きおにぎりの作り方|信州で味噌づくり(2020.11.1)

【相葉マナブ】味噌トマトトーストの作り方|信州で味噌づくり(2020.11.1)

【相葉マナブ】味噌ナポリタンの作り方|信州で味噌づくり(2020.11.1)


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ご飯」、「ホットプレートを使ったレシピ」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
≫カテゴリ「相葉マナブ」はこちら
[相葉マナブ] 毎週日曜 午後6時~放送
[出 演 者] 相葉雅紀、澤部佑(ハライチ)、小峠英二(バイきんぐ)
タイトルとURLをコピーしました