PR

【男子ごはん】「大根とイワシの旨煮」の作り方・温かいお酒に合うおつまみ編(2020.1.26)

男子ごはん

2020年1月26日放送 男子ごはん「温かいお酒に合う!冬のおつまみSP!!」

今回の男子ごはんでは、温かいお酒に合うおつまみ編ということで、3品の料理が紹介されました。

温かいお酒といえば、主に熱燗だとかホットワインだとかですよね。寒い冬、温かいお酒を飲みながらいただけるおつまみや、温かいお酒を飲みながらの冬キャンプにいかがですか?

 

こちらでは、紹介されたおつまみ3品の中から、”寒い冬が旬”の大根を使った「大根とイワシの旨煮」の作り方をご紹介します。

 

【こちらもおすすめ】うまみしみ込む「鶏手羽と大根の煮物」の作り方

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「大根とイワシの旨煮」の作り方


出典:https://www.tv-tokyo.co.jp/danshigohan/

材料(2人分)

  • イワシ:4尾
  • 大根:10㎝(650g)
  • しょうが:2片
  • おぼろ昆布:適量
  • 水:250g
  • 酒:適量

(a)

  • しょうゆ:大さじ4
  • 砂糖:大さじ3
  • みりん:大さじ2

 

  • 塩:適量

 

作り方

  1. 大根は皮を剥き、1.5㎝厚さの半月切りにして鍋に入れ、かぶるくらいのみず(分量外)、塩、酒(各少々)を加えて茹でる。竹串がスーッと通ったら取り出す。
  2. イワシは腹に切り込みを入れて内臓とエラを取り出し、流水で洗って水気を拭く。しょうがは皮つきのまま薄切りにする。
    ★SHIMPEI’S POINT★
    イワシはエラを取り除くことで 生臭さを抑えて美味しく仕上がる
  3. 別の鍋に水、酒(150g)を入れて火にかけ、沸いてきたらaを加える。
    大根を加えてクッキングシートで落し蓋をして10分中火で煮る。一旦大根を取り出す。
  4. 3の鍋にイワシ、しょうがを加える。再び落し蓋をして6~10分煮る。器にイワシ、しょうがを盛り、煮汁を大さじ1くらいかける。
  5. 残った煮汁に大根を加えて再び強めの中火にかけ、照りが出るまでに絡める。別の器に大根をもって、おぼろ昆布をのせたら完成!
このメニューには焼酎がオススメ♪
白ご飯にも合う一品です★

 

*男子ごはんの本

created by Rinker
¥1,980 (2024/07/21 23:28:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

フルーツ漬物3品の通販・お取り寄せ情報

◆ももぴくるす(福島県)

生では食べられない硬い桃を3か月塩漬け その後甘酢に漬け込んだ甘酸っぱいピクルスです。

 

◆さくらんぼ漬(山形県)

短い旬のさくらんぼを1年中楽しめるように考案 山形県ではメジャーなご当地フルーツ漬物です。

 

◆砂丘のたまっ子(鳥取県)

すいか醤油漬 砂丘のたまっ子はこちらから☆

鳥取県名産のスイカを醤油漬けにしたまるで奈良漬けのような味のフルーツ漬物です。

 

 

【1.26放送】男子ごはん 関連記事・レシピ

◆熱々で食べると美味しい「絶品ポテタラオムレ」の作り方

◆「紅ショウガととろろの磯部揚げ」の作り方

 

タイトルとURLをコピーしました