【相葉マナブ】ポテトサラダの作り方|旬の産地ごはん横浜の新じゃがいもアレンジレシピ

相葉マナブ

2021年6月20日テレビ朝日「相場マナブ」で放送された、横浜の新じゃがいもを使った「絶対に失敗しないポテトサラダ」の作り方をご紹介します。

今回は、“旬の産地ごはん~横浜の新じゃがいも~”。果肉は男爵よりも黄色くて甘みが強く、加熱調理するとホクホクした食感が味わえるキタアカリという品種のじゃがいもを使った絶品料理を、神奈川県横浜市の地元の方に教えていただきます。
フライパンで簡単に作れるじゃがいもを生地にした「ピザ風の料理」、具材を炒めて味付けするだけの「ポテトソース焼きそば」、簡単な「和え物」や「デザート」、相葉くんの提案のじゃがいもを使ったパスタなど、続々登場!

材料と作り方をまとめたレシピを紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

前回放送”旬の産地ごはん~平塚のピーマン~”のアレンジレシピはこちら

スポンサーリンク

ポテトサラダの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

ベチャっとしがちなポテサラの”絶対に失敗しない”農家さん直伝の調理法で作ります。じゃがいもは濡らしたキッチンペーパーで包んでレンチンし、加熱後に乾いたふきんで包んで蒸らすのがホクホクしたポテサラを作るポイント!さらにお酢を加えることでコクが増し、さらにマヨネーズが混ざりやすくなって少量ですみます。

材料(2人分)

  • 新じゃがいも:2個
  • ハム:2枚
  • 玉ねぎ:1/6個
  • にんじん:2㎝
  • マヨネーズ:50g
  • 酢:小さじ1
  • 塩:少々
  • コショウ:少々
スポンサーリンク

作り方

  1. ハムは短冊切りにする。玉ねぎは皮を剝いて薄切りにし、塩でもんで水気を切る。にんじんは薄いいちょう切りにし、サッとゆでる。
  2. キッチンペーパーを濡らしてじゃがいもを包む。
    濡れたキッチンペーパーで包むことで蒸し状態でホクホクに!
  3. 上からラップをして電子レン(600w)で3分加熱する。
  4. 加熱し終えたらラップとキッチンペーパーを外し、乾いたふきんで包み、3分蒸らす。
    乾いたふきんで包むと加熱ムラが解消されホクホクに!
  5. (4)をボウルに入れ、熱いうちにマッシャーで潰し、塩・こしょうをふり、お酢を加えて混ぜる。
    サッパリ味&コクが出てマヨネーズが混ざりやすくなる。
  6. じゃがいもの粗熱が取れたら、ハム、玉ねぎ、にんじん、マヨネーズを入れて混ぜ合わせ、器に盛りつければ完成!

まとめ

相葉マナブ『旬の産地ごはん~横浜の新じゃがいも~』で放送された「ポテトサラダ」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2021.6.20放送】相葉マナブ 関連記事


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・澤部佑(ハライチ)
[ゲスト] 横山裕(関ジャニ∞)・川原瑛都
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました