【相葉マナブ】にら天津飯の作り方|神奈川県海老名市「にら」 旬の産地ごはん

相葉マナブ

2021年5月23日 テレビ朝日系列「相葉マナブ」”旬の産地ごはん~海老名のニラ~”で放送された、「にら天津飯」の作り方をご紹介します。

今回の旬の産地ごはんでは、神奈川県海老名市で栽培されている”にら”を使った絶品料理を地元の方から学びます。温室などの設備を使わず露天の耕地で作物を栽培する露地栽培で育てられたニラは、直射日光を浴びたり、風に吹かれて生長することで、ニラ本来の甘みや歯ごたえが強いニラに育つのだとか。

そんなニラを使って、なんにでも合う”にらしょう油”を使った釜玉うどん、色んな料理に使える万能調味料”にら味噌”、にらをたっぷり使った”味噌汁”や”韓国料理”、相葉くんの提案で作るにら&卵の中華料理など、にらを使った万能調味料や絶品レシピが続々登場!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

前回の”旬の産地ごはん~白子玉ねぎ~”の新玉ねぎレシピはこちら

スポンサーリンク

にら天津飯の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

にらと卵を使ったニラ玉ならぬ、相葉くん考案のにら天津飯です。甘酢あん、水溶き片栗粉、溶き卵を最初に用意し、一気に作り上げるスピードメニューです。

材料

  • にら:45g
  • 卵:3個
  • ごま油:大さじ2
  • ごはん:1膳

[甘酢あん]
  • 酢:大さじ2杯半
  • しょう油:大さじ2杯半
  • 酒:大さじ2杯半
  • 砂糖:大さじ2杯半
  • 鶏がらスープの素:小さじ2杯半
  • 水:300ml
  • コショウ:少々

[水溶き片栗粉]
  • 片栗粉:大さじ1杯半
  • 水:大さじ1杯半
スポンサーリンク

作り方

  1. ボウルに、甘酢あんの材料をすべて入れ、混ぜ合わせておく。
  2. 別の容器に水溶き片栗粉を合わせておく。
  3. ごはんをお皿に盛る。
  4. 中華鍋にごま油を入れて熱し、にらを炒め、溶き卵を加えて炒め、卵が半九九状態になったら(3)のご飯の上にのせる。
  5. 同じ中華鍋に(1)の甘酢あんの材料を流し入れ、中火にかける。
  6. 煮立ったら水溶き片栗粉でとろみをつけ、(4)のにら玉の上にかければ完成!

まとめ

相葉マナブ『旬の産地ごはん~にら~』で放送された「にら天津飯」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2021.5.23放送】相葉マナブ 関連記事


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・DAIGO・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました