【トリセツショー】冷凍の取説まとめ。うまみ&香り爆増の香り爆発”レシピ。冷凍庫新活用術。

あしたが変わるトリセツショー

2022年7月28日 NHK「あしたが変わるトリセツショー」で放送された、「冷凍の取扱説明書(取説・トリセツ)」や紹介されたレシピをまとめましたので、ご紹介します。

今回のテーマは、凍らせると味が落ちるというイメージがある「冷凍」。あえて冷凍することでうまみが増したり香りが強くなったりする食材を発見!

例えば、しじみは冷凍するとうまみ成分が5倍になり、絶品冷製クラムチャウダーが簡単につくれたり、ねぎやしょうが、レモンやいちごも凍らせてから「あること」をすれば香りが豊かに!いつも食べているそうめんやパンケーキが格段においしく変身する、意外で便利な冷凍ワザを大公開!ぜひ参考にしてみてくださいね。

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

うま味や柔らかさが大幅アップ!時短料理にもつながる冷凍ワザ

ポイント 冷凍は調理!?

冷蔵庫の冷凍機能、活用していますか?冷凍といえば「冷凍焼け」「ドリップ」などネガティブなイメージがつきもの。ところが、食材によっては、うま味・柔らかさの大幅アップが期待できます。

また、いかの産地で聞くと、新鮮ないかをあえて冷凍してから料理に使うんだとか。冷凍することで柔らかくなる&甘みを感じます。分析してみると、とれたてのいかに比べ、硬さが2/3に。うま味も大幅アップしていました。

いかのうま味がアップしたのは、細胞の中にある筋原線維が壊れ、中から酵素が出現、酵素がたんぱく質を分解してうま味成分を作り出してくれているからだと考えられます。

冷凍でうま味アップはいかだけではなく、冷凍でうま味がアップする食材はいかだけではなく、きのこ類やしじみもうま味がアップします。

クラムチャウダー

材料・作り方はこちらから↓

冷凍きのこ

材料・作り方はこちらから↓

スポンサーリンク

香りが大爆発!シンプルで超楽しい冷凍ワザ

冷凍は香りを楽しめる調理法!

冷凍すると香りを感じにくくなると思いがちですが、実は冷凍だからこそ感じられる香りの世界がありました。

フレンチシェフ直伝!“冷凍&すりおろし”ワザ

銀座のフレンチシェフ上野宗士さんが見つけたのが、冷凍したトリュフをすりおろすというワザ。口の中でボンっと爆発する感覚を得られるほど、強く香りを感じることができます。

なぜ爆発的な香りを楽しめるかというと、香り成分は冷凍して温度が低くなると揮発しにくくなります。しかし、冷凍してすりおろすと、壊れた細胞から香り成分が外に出やすい状態になります。この状態で温かい口の中に入れると、壊れた細胞から一気に香り成分が揮発!爆発的な香りを感じることがでます。

ポイントは香り成分を口の中で揮発させること。このワザは他の食材にも応用可能です。冷凍野菜や冷凍フルーツがおすすめです!

“香り爆発”冷凍すりおろしレシピ

材料・作り方はこちらから↓

香り爆発!すりおろし冷凍野菜あえそうめん

材料・作り方はこちらから↓

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、『あしたが変わるトリセツショー』に関する記事を他にもまとめています。ぜひあわせてご覧くださいね。あしたが変わるトリセツショーの記事はこちら

NHK『あしたが変わるトリセツショー』
[放 送] NHK総合 毎週 木曜 午後7時57分
【司会】市村正親,石原さとみ
【声】濱田マリ,峯田茉優,
【ゲスト】陣内智則,河北麻友子
【語り】山路和弘
[番組内容] MC石原さとみがお届けする新・生活科学情報エンターテインメント番組!
食・健康・生活、あらゆるテーマを、最新科学と大実験・大調査をもとに解き明かし、真のお役立ち情報満載の「トリセツ」にしてご紹介!
タイトルとURLをコピーしました