【きょうの料理】お好み焼きの作り方。タサン志麻の小さな台所。

きょうの料理

2023年4月5日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、タサン志麻さんのカット野菜でつくる「お好み焼き」の作り方をご紹介します。

伝説の家政婦ことタサン志麻さんに自宅の台所で料理を教わるシリーズ「タサン志麻の小さな台所」。2年目は、季節のお気に入りレシピと共に、暮らしを楽しむヒントを教わります。

春は新しいことが始まる季節。この季節にぴったりの胸躍るレシピが登場!卵でつくるおしゃれな前菜「ウッフ・ブルイエ」や、フランスで愛されているグリーンピースが主役の料理「プチポワ・フランセーズ」。また、志麻さんが忙しい時に頼るという「カット野菜」の意外な活用法も伝授。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

お好み焼きの作り方


出典:きょうの料理

数種類の野菜をたっぷり入れて大きく焼いて、子どもたちが苦手な青のり粉や削り節は別添えにするのが志麻さん流です。

材料(3~4人分)

  • カット野菜:2袋(300g)※キャベツ、にんじん、たまねぎ、ピーマンが入ったものを使用。
  • 豚バラ肉(薄切り):100g ※豚こま切れにくでもよい。

[A]

  • 卵:2コ
  • 小麦粉:150g
  • 水:カップ1

  • お好み焼きソース:適量
  • 青のり粉・削り節:各適量
  • 黒こしょう(粗びき)
  • サラダ油
  • マヨネーズ
スポンサーリンク

作り方

  1. カット野菜は大きければざく切りにする。豚肉は3㎝幅に切って塩・黒こしょう(各適量)をふる。ボウルに[A]を入れて泡立て器でよく混ぜ合わせ、カット野菜を加えてサックリと混ぜる。
  2. 直径26㎝のフライパンに豚肉を広げて強火にかけ、両面に焼き色がつくまで焼く。脂ごと(1)のボウルに加えて混ぜる。
    豚肉は焼いてから生地に混ぜこむと柔らかく、豚肉のうまみも生地に入る。
  3. 同じフライパンにサラダ油(大さじ1)をひき、(2)を均等に広げ入れる。ふたをして弱火にかけ、5~6分間焼く。上下を返し、同様に3~4分間焼いて器に盛る。お好み焼きソース、マヨネーズ(適量)をかけ、青のり粉、削り節を添えたら完成!
    余裕があれば、マヨネーズは絞り袋に入れて模様や絵を描くと事もたちも大喜び。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました