PR

【プロフェッショナル】岸田周三さん「おうちでフレンチ、じゃがいもグラタン」のレシピ・プロのおうちごはん第2弾(2020.5.12)

プロフェッショナル(NHK)

2020年5月12日放送「プロフェッショナル 仕事の流儀」緊急企画『プロのおうちごはん第2弾』

この企画では、「プロフェッショナル 仕事の流儀」に出演した「食のプロ」たちが、自宅で簡単に作れる本格的な料理を自撮りで披露しています!

こちらでは、フレンチシェフ・岸田周三さんが披露した「おうちでフレンチ、じゃがいもグラタン」の作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「おうちでフレンチ、じゃがいもグラタン」の作り方

材料

  • ニンニク:2片
  • バター:30g
  • ほうれん草:1束
  • ジャガイモ:7~8個
  • 塩:適量
  • 牛乳:150g
  • 生クリーム35%:200g
  • コンテチーズ:120〜150g (無ければどんなチーズでもOK!)
  • ピスタチオ:50g
魚介類や鶏肉、キノコなどを加えると豪華に。焼いたお肉などをのせても。
created by Rinker
アイチーズ
¥1,750 (2024/07/22 02:04:13時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

作り方

  1. ニンニクをみじん切りにして、鍋に入れる。
  2. バターを切って、ニンニクを一番弱火で、色がつかない程度に炒める。
    バターを切るときは包装紙ごと切り、切断面をきれいにラップすると酸化を防げる。
  3. ほうれん草を炒める。鍋の底に敷き詰める。
    冷凍のほうれん草でも栄養価はほぼ変わりない。ホウレン草を鍋の底に敷き詰めると、ジャガイモがこびりつかず、洗い物が楽に。
  4. ジャガイモの皮をむいてスライス。数十秒、流水にさらす。
    でんぷん質を洗い落とすと、でき上がったときにジャガイモが重くならない。
  5. ジャガイモに塩を振る。
    後に加えるチーズの塩分を逆算して、塩の量を決める。
  6. ジャガイモをホウレン草の上に敷く。
    キノコ・鶏肉・魚介類を加えると、よりメインディッシュに近くなる。
  7. ピスタチオをのせ、牛乳・生クリームも加える。
    ピスタチオの堅い殻は取り除いておく。薄皮はそのままでも良い。
  8. チーズをかける。
  9. オーブンに入れる。210℃~250℃で、50分~1時間焼いたら完成!
    オーブンによってかなり差が出るので、焼き加減はジャガイモに竹串がスッと入るかを目安に。

 


出典:プロフェッショナル 仕事の流儀

まとめ

フレンチシェフ・岸田周三さんのレシピ「おうちでフレンチ、じゃがいもグラタン」の作り方をご紹介しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考になさってみてください!

緊急企画第2弾「プロフェッショナルのおうちレシピ」関連記事

タイトルとURLをコピーしました