金スマで話題!石原慎太郎 最新版ロングブレスで復活!そのやり方とは?【12月27日】

健康・ダイエット

2019年12月27日放送 中居正広の金曜日のスマイルたちへで話題となった美木良介さんのロングブレスの話題を取り上げます。

 

今回の金スマでは、脳梗塞で歩行困難な石原慎太郎さん(87歳)が美木良介さんの著書「120歳まで生きるロングブレス」を実践し、スタスタ歩きにまで回復したといいます。

今回紹介されるロングブレスは高齢者向けなので、椅子に座ったまま行うことができ、一日たった2分実践すれば長生きで健康体質になれると話題を呼んでいます。

この座ったままできるロングブレスでも、ダイエット効果は得られるとのことですので、そのやり方についてまとめたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

まずは「ロングブレスダイエット」のやり方をおさらい

①お尻にえくぼができるくらい、下腹部に力を入れてまっすぐ立つ。

②足を前後にずらし、お尻に力をいれたまま後ろ脚に重心を残す。

前足から頭まで一直線にになるような体制をとる。

③3秒で鼻から息を吸いって腕を回す。

④7秒で口から一気に息を吐きだす。

 

10秒を6回=1分間行うだけ!

 

 

「ロングブレス」は痩せる!ダイエットの他にも驚きの変化が!?

なんといっても痩せる!

burst

これまで、「ロングブレスダイエット」に挑戦した人は、少なからずダイエットに成功し、中には30㎏以上のダイエットに成功した人もあったのだとか!

体調にも数々の変化が!

またロングブレスを2カ月続けたところ、体重が落ちるだけでなく、体調にも嬉しい変化があったそうです。

☑要治療の高血圧が正常の範囲内に収まった!
☑糖尿病患者の空腹時の血糖値が420mg/dL→60mg/dLと改善。薬を全く飲まずに基準値126mg/dLを大きく下回った!

 

個人の体験なので、すべての人に当てはまるというわけではありません。
スポンサーリンク

アクティヴな石原慎太郎がネガティヴに。その要因は「脳梗塞」

年を重ねてもパワフルで健脚であった元東京都知事 石原慎太郎氏(87歳)は、ゴルフやテニス、サッカーヨット、スキューバーダイビングなどとてもアクティブな方でした。

ところが、政界引退後の2017年に行われた公の場での会見を終え立ち上がったところ、よろめきそして歩幅も小さく、ゆっくりとした歩みになってしまっていました。その姿には、かつてのパワフルなイメージはなくなっていました。

その要因は、2013年に患った軽度の脳梗塞によるもので、政界引退後の2015年の公演中にも体調不良を訴え、救急搬送されています。

その当時の姿が映像に残されており、歩みもおぼつかず左半身に麻痺が残っていたため、食事もとりずらそうに見えました。

ご自身で体を動かすなどのリハビリを続けてはいたものの、思うような改善は見られずに、弱音交じりともとれる言葉を発するほどに。

そんな石原慎太郎さんをみて、石原慎太郎さんと同じく脳梗塞の高齢者の歩行を改善に導いた経験があった美木さんは、「自分なら歩けるようにできる!」と名乗りを上げ、再びスタスタと歩けるようにまで、導いていきました。

美木良介考案「ロングブレス」は健康法!

流行語大賞にもノミネートしたことのある「ロングブレスダイエット」は、多くの人が知ることとなりました。

ダイエット法として有名になったロングブレスですが、美木さんは「ロングブレスは健康法」だと言います。

それは、「芸能界で最も引き締まった体を作る」との思いから励んだトレーニング中のケガ以来、自らも22年もの間坐骨神経痛を患った美木さんが、「呼吸法を使ったリハビリ」と出会い、ロングブレスの効果を体験した経験にありました。

藁にもすがる思いで呼吸法について調べ始めた美木さんは、医療法だけでなくスポーツや武道にまで幅を広め調べてみてわかったことは、体の中心・下腹部にある「丹田」が重要ということでした。

「丹田」とはへその下にある気力が集まると言われている部分で、その「丹田」を意識しつつ独自で「呼吸法」を試し始めたところ、一月ほど経った頃、左足のしびれが無くなっていることに気づきました。

「丹田」を意識した美木さん独自のエクササイズで、30歳の時から22年間苦しんだ腰痛が消えてなくなったのです。

その後、更に効果的な方法を試した結果、2カ月で13.5キロの減量に成功し、強く筋肉質な身体が出来上がっていました。

そして坐骨神経痛を克服した美木さんは、金スマに出演し「ロングブレスダイエット」で話題となった後、さらに「ロングブレス」を広めるべく、東京都赤坂に自身のスタジオ「ロングブレススタジオ」をオープンしました。

その後、兼ねてより石原さんのファンであった美木さんは、偶然、知人の紹介で石原さんのリハビリに携わることになったのだとか。

 

東京・赤坂 ロングブレススタジオ

名称 ロングブレス スタジオ
住所 港区赤坂2-12-13UHA味覚糖赤坂ビル2F(旧国際本社ビル別館)
アクセス 東京メトロ 南北線・銀座線 溜池山王駅11番出口すぐ
TEL 03-6441-2559
ロングブレスオフィシャルサイト http://www.longbreath.jp/

 

石原慎太郎はどうやってまた歩けるようになったのか?

歩くのが大変だった元東京都知事 石原慎太郎氏(87歳)が、ロングブレスを行ったところ、しっかりと元気に歩けるようになりました。

  • 「ロングブレス」で歩けるようになったとはどういうことなのでしょうか?
  • 「呼吸(=ロングブレス)」と「脳(=脳梗塞)」には一体どんな関係があるというのでしょうか?

その「呼吸」にこそ回復の秘密がありました。

それは、普段の呼吸は無意識のうちに行っていますが、意識をして呼吸することもできる。意識的に長く深い呼吸をすることで呼吸1回あたりの取り込む酸素が増え、脳細胞が活性化するというものです。

では脳細胞が活性化するとなぜ足が動いたりするのでしょうか?

脳梗塞になると脳が「足を動かせ」と指令を出している部分が破損してしまいます。そこで、長く深い呼吸をすることで、ダメージを受けた周りの脳細胞が活性化して、ダメージを受けた部分の代わりに指令を出してくれるようになります。

 

また命令が伝わる神経も脳梗塞などでダメージを受ける場合があります。その時に呼吸を長く深くすることで、神経細胞が活性化され新しい神経が作られるんだとか!

 

一度壊れた細胞は元には戻らないが、ダメージを受けた周りのあらゆる細胞が活性化する

ロングブレスを加えたエクササイズとは!?

全身の60兆個の細胞に酸素を送れるのは、「呼吸」です。脳神経細胞を活性化するには、呼吸法しかないと美木さんは言います。

石原慎太郎さんが行ったエクササイズは誰でも出来るような簡単なものだったそうで、どのようなエクササイズだったのでしょうか?

石原さんは、週一回のロングブレスのレッスンを受けたところ、劇的な変化が起こりました。

その方法は3つ!ロングブレスを加えたエクササイズです。

 

座ったままできる!高齢者向け最新版「ロングブレス」とは?

 

詳しいやり方をこちらでご紹介しました☟

 

 

美木良介さん「ロングブレス」に関する著書

美木良介さんの「ロングブレス」に関する著書は、シリーズ累計210万部越えのベストセラーです!

ダイエット、腰痛や肩こり、若返り、筋力アップなどが息を吸って吐くだけでできるというロングブレス。基本は吸って吐くだけで特別な道具も必要ありません。

女性から高齢者まで、ご自身のライフスタイルに合わせて取り組んでみたい方にオススメです!

 

【オススメ】番組でも話題!動画でわかりやすい60分のDVD付きです!

created by Rinker
¥1,760 (2020/09/21 19:11:55時点 Amazon調べ-詳細)

肩こり猫背・腰痛も改善!吸って吐くだけの「ロングブレスダイエット」

「健康に痩せて若返る」ロングブレスダイエット!超完全版75分DVD付

 

タイトルとURLをコピーしました