【グレーテルのかまど】101歳のわらび餅のレシピ。ひんやりぷるぷる夏の定番おやつの作り方。

グレーテルのかまど

2021年6月21日 NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された「101歳のわらび餅」の作り方をご紹介します。

70年以上も手作りにこだわり、わらび餅を炊き上げてきた淡路島でわらび餅を売り歩く101歳のおっちゃんに密着!夫婦二人三脚で守り続ける、モチモチぷるぷるの、深〜い味わいをご紹介!

ひんやり、つるるん、ぷるんとした口当たりが夏のおやつにぴったりのわらび餅。気になる材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

101歳のわらび餅の作り方

材料(4人分)

[わらび餅生地]

  • わらび餅粉:100g
  • 上白糖:200g
  • 水:300ml
  • 熱湯:200ml

  • きな粉:適量

[黒みつ]

  • 黒砂糖:50g
  • グラニュー糖:15g
  • 水:40ml

下準備

  • お湯を沸かしておく
  • 絞り袋に13mmの口金をつけておく。
  • ボウルに氷水を用意する。
スポンサーリンク

作り方

  1. ボウルにわらび餅と1/3量(100ml)の水入れて溶く。
  2. 粉ふるいでこしながら鍋に入れ、残りの水(200ml)で器についたわらび餅粉をすすぎ、濾しながら鍋に加える。
  3. 上白糖を加え、全体が馴染むように木べらで混ぜ、中火にかけ、木べらでしっかり混ぜながら練る。
    砂糖で弾力と伸びがでて、保湿力でぷるぷるモチモチに!
  4. 鍋底からのり状のかたまりがでてきたら、分量の熱湯を一気に加えて手早く混ぜ、とろみが付くまで練る。
    とろみがついた状態からは焦げやすいので鍋底・鍋肌からよく混ぜる。
  5. つやと粘りが出たら、さらに1分ほど、透明感が出るまで鍋底からよく練って混ぜ合わせる。焦げないように注意。
  6. ゴムベラに持ち替えて絞り袋に入れ、氷水の中でお好みの大きさに絞り出し、指先でちぎり、氷水の中で冷やしておく。
    絞り袋が厚いので、厚手の手袋をつけ、やけどに注意する。
  7. 鍋に黒砂糖、グラニュー糖、水を入れて火にかけ、沸騰したら茶こしで濾し、粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。
  8. わらびもちが完全に冷めたらざるにあげて水けを切り、きな粉をまぶし、(6)の黒蜜ソースを添えて完成。

まとめ

グレーテルのかまど「101歳のわらび餅」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました