【きょうの料理】鶏むねとかぶの焼きづけの作り方。重信初江さんの鶏肉レシピ。

きょうの料理

2022年11月1日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、重信初江さん「鶏むねとかぶの焼きづけ」の作り方をご紹介します。

2日目は、重信初江さんから、お手頃価格でもマンネリになりがちな鶏肉がいつもとはちょっと違う「新定番レシピ」を紹介!

家でつくりやすいレシピにアレンジした、人気の韓国流フライドチキン「手羽先のヤンニョムチキン」、鶏肉のうまみがみそバターと好相性「鶏ももと長芋のみそバター煮」、さっぱりとした味付けがおいしい「鶏むねとかぶの焼きづけ」など、鶏肉のさまざまな部位を使った料理を伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

鶏むねとかぶの焼きづけの作り方


出典:きょうの料理

さっぱりとした味わいに、焼いた鶏肉とかぶの香ばしさが引き立つ一品です。鶏むね肉に小麦粉をまぶすと、口上りがよく仕上がります。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉:1枚(250g)
  • かぶ(葉は除く):2コ(200g)
  • かぶの葉:1コ(約50g)

[A]

  • だし:カップ1/2
  • 酢:大さじ2
  • しょうゆ:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1/2
  • 塩:少々
  • 赤とうがらし(小口切り):少々

  • 小麦粉
  • サラダ油
スポンサーリンク

作り方

  1. かぶはよく洗い、皮付きのまま1コを六つ割りにする。かぶの葉は4~5㎝長さに切る。鶏肉はひと口大のそぎ切りにし、焼く直前に小麦粉(大さじ2)をまぶす。
  2. バットに[A]を混ぜ合わせる。
  3. フライパンにサラダ油(大さじ2)を中火で熱し、かぶと鶏肉を並べて2分間焼き、上下を返して2分間ほど焼く。鶏肉に火が通ったら、かぶの葉を加えてサッと炒め合わせ、(2)に加えたら完成!
    かぶの葉は火を通しすぎずに、シャキッと仕上げる。
すぐに食べられますが、15分間ほどDおくと味がしみて、さらに美味しくなります。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました