【きょうの料理】なすと里芋のしょうがみそ焼きの作り方。上野直哉の季節を味わう野菜おかず。

きょうの料理

2022年9月23日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、上野直哉さんに教わる「なすと里芋のしょうがみそ焼き」の作り方をご紹介します。

和食のプロ・上野直哉さんが、この季節ならではの野菜おかずを紹介。今回のテーマは、ボリュームたっぷり!“野菜だけのスペシャルレシピ”。田楽風のグラタン「なすと里芋のしょうがみそ焼き」、葉野菜と根菜のおひたしに、すだちをギュッと搾った「ひたし野菜のすだち風味」、歯ざわりが楽しい「じゃがいもとビーマンのピリ辛糸こん炒め」など、野菜だけでも大満足のレシピを伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

なすと里芋のしょうがみそ焼きの作り方


出典:きょうの料理

油のなじんだなす、ボリューム感のある里芋にしょうが風味の練りみそをかけて焼き、田楽風のグラタンに。火を通したみその深い味わいが、野菜のおいしさを引きだした一品です。

材料(2人分)

  • なす:2コ(160g)
  • 里芋:3~4コ(200g)

[しょうがみそ]

  • [A]みそ:大さじ3
  • [A]酒:大さじ3
  • [A]砂糖:大さじ2
  • [A]みりん:大さじ1杯半
  • [A]卵黄:1コ分
  • しょうが(みじん切り):10g

  • サラダ油
スポンサーリンク

作り方

  1. 里芋はよく洗って乾かし、皮をむいて縦半分に切る。鍋に入れてたっぷりの水を注ぎ、中火にかける。沸騰したら弱火にして10分間ほどゆで、竹串がスッと通るくらい柔らかくなったら、ざるに広げて冷ます。
    里芋は買ってきたらすぐに洗って乾かしておくと、皮がむきやすく、扱いがらく。
  2. しょうがみそをつくる。鍋に[A]をよく混ぜ合わせて弱火にかけ、耐熱のへらで絶えず混ぜながら、5分間ほど練る。とろみとつやが出てきたら、しょうがを加えてサッと混ぜ、火から下ろす。
    卵黄が固まらないように絶えず混ぜ、鍋底にへらのあとが残るくらいにとろみがつくまで練り上げる。
  3. なすはヘタを落として縦半分に切り、皮側に細かく斜めに切れ目を入れて、3cm幅に切る。
  4. フライパンにサラダ油(大さじ2)を強めの中火で熱し、(3)を皮を下にして並べ入れ、30秒間ほど焼く。上下を返して(1)を加え、さらに3~4分間炒める。耐熱皿に入れて(2)をかけ、オーブントースターで5分間ほど焼けば完成!
    里芋に焼き目がつき、なすの中心まで火が通るまでじっくりと炒めてから、耐熱皿に移す。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました