【きょうの料理】こしょう魚の昆布じめの作り方。栗原はるみのキッチン日和

きょうの料理

2022年8月26日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、栗原はるみさんに教わる「こしょう魚の昆布じめ」の作り方をご紹介します。

今回教わるのは、刺身とは違った味わいが楽しめる、栗原さんのオリジナルレシピ「こしょう魚」。黒こしょうを白身魚にたっぷりまぶして昆布でしめる「こしょう魚」を薄く切って薬味をたっぷりのせて「カルパッチョ」に、炭酸水入りの衣でカリっと揚げて「フリット」に。さらに、昆布じめに使った昆布でだしをとって、ほっとする味のうどんに。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

こしょう魚の昆布じめの作り方


出典:きょうの料理

白身魚にこしょうの香りと昆布の美味しさが移った、刺身とは違う味わいが楽しめる栗原はるみさんオリジナルレシピです。薬味野菜をたっぷりのせて、カルパッチョにしたり、衣をつけてフリットにも。

材料(つくりやすい分量)

[こしょう魚の昆布じめ]

  • 白身魚(たいなどの刺身用・さく):1さく(200g)
  • 黒こしょう(粗びき):小さじ1~2
  • 昆布(22~25cm):2枚

  • ねぎ(白い部分):1本分
  • 貝割れ菜:1パック
  • 青じそ:10枚

[ポン酢しょうゆ]

  • うす口しょうゆ:大さじ2
  • すだちの搾り汁:大さじ1
  • 砂糖:少々

  • わさび(すりおろす):適量
  • しょうゆ
スポンサーリンク

作り方

  1. こしょう魚の昆布じめをつくる。昆布は汚れが気になるようなら酢(または水)少々で湿らせた紙タオルで拭き、白身魚の大きさに合わせて切る。
  2. まな板の上に昆布1枚を置き、白身魚をのせる。片面に黒こしょうをまぶす。
  3. もう1枚の昆布を重ねてはさみ、上から軽く押さえる。ラップでピッチリと包み、輪ゴムで3か所とめて白身魚と昆布を密着させる。冷蔵庫で6~8時間おいてでき上がり。
    この状態で冷蔵庫で4~5日間保存可能。
  4. ねぎは5~6cm長さの白髪ねぎにする。貝割れ菜は根元を切り落とす。青じそは軸を除き、縦半分に切ってせん切りにする。氷水を入れたボウルにすべてさらし、パリッとしたら水けをよくきる。ポン酢しょうゆの材料は混ぜ合わせる。
  5. (3)の白身魚は昆布を外し、薄いそぎ切りにして器に並べる。
  6. (5)に(4)の野菜をのせたら完成!(4)のポン酢しょうゆやわさびじょうゆにつけて食べる。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました