【きょうの料理】じゃばらなすとひき肉のとろみスープの作り方。有賀薫さんの夏に食べたいスープ。

きょうの料理

2022年8月22日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、有賀薫さんに教わる「じゃばらなすとひき肉のとろみスープ」の作り方をご紹介します。

スープ作家 有賀薫さんから教わるのは、つくる気力も食欲も落ちやすい夏に食べたいスープです。旬の野菜を使って栄養満点の温かいスープや、さらりと食べやすい冷たいスープを伝授!

夏のお昼ご飯におススメな「じゃばらなすとひき肉のとろみスープ」、ニンニクのコクが食欲をそそり栄養たっぷりな「トマトとモロヘイヤのポタージュ風」、宮崎の郷土料理をさらにおいしくアレンジした「パリパリきゅうりの冷や汁」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

じゃばらなすとひき肉のとろみスープの作り方


出典:きょうの料理

材料(2~3人分)

  • 長なす:(大)2コ(240g)
  • 豚ひき肉:100g
  • ねぎ(みじん切り):10cm分
  • ピーマン:2コ(80g)
  • 赤とうがらし(種を除く・あれば):1本

[水溶きかたくり粉]

  • 水:大さじ2
  • かたくり粉:大さじ1

  • サラダ油
  • ごま油
  • しょうゆ
スポンサーリンク

作り方

  1. 長なすはヘタを取り、約8mm間隔に切り込みを入れる。上下を返し、同様に斜めに切り込みを入れ(じゃばら切り)、長さを4等分に切る。ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、横に8mm幅に切る。
    なすは上から2/3ぐらいの深さまで切り込みを入れる。横に箸を置くと、うっかり切り離してしまうのを防げる。
  2. 深めのフライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、なすを並べる。転がしながら3分間ほど焼き、取り出す。
  3. (2)のフライパンにごま油(小さじ2)を足して中火にかけ、ひき肉を炒める。肉の色が変わったらねぎを加えて1分間ほど炒め、しょうゆ(大さじ1)、塩(小さじ2/3)を加える。
  4. 水(カップ3)を加えて煮立たせ、(2)のなす、ピーマン、赤とうがらしを加えてふたをし、6~7分間煮る。なすが柔らかくなったら水溶きかたくり粉を混ぜながら少しずつ加え、とろみをつけたら完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました