【きょうの料理】レアチーズケーキの作り方。かのかおりさんのいちおしスイーツ。

きょうの料理

2022年5月23日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、チーズ研究家のかのうかおりさんに教わる「レアチーズケーキ」の作り方をご紹介します。

今月のいちおしスイーツは、おかし作り初心者でも挑戦しやすい「混ぜて冷やすだけ」のレアチーズケーキ。キウイやはちみつ梅など、お手製のソースや、ゼラチンを少なめにしたチーズ生地にマンゴージャムを混ぜ込んだふるふるの「マンゴーチーズケーキ」も伝授!ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

レアチーズケーキの作り方


出典:きょうの料理

材料(直径15cmの底が抜けるタイプの丸型1台分)

[チーズ生地]

  • クリームチーズ:200g
  • グラニュー糖:90g
  • プレーンヨーグルト(無糖):160g
  • 生クリーム(乳脂肪分35%):130ml
  • 粉ゼラチン:大さじ1(6g)(水でふやかさず、湯で溶かして使うタイプ。)
    ※水にふやかすタイプの場合は、6gを4倍の水にふり入れてふやかし、湯煎にかけて混ぜながら溶かす。
  • 湯大さじ2

[底生地]

  • ビスケット(プレーン):9枚(50g)
    米粉のビスケットは手づくりするとさらに本格的に(レシピはこちら)。その場合は4枚を使い、くるみは省き、バターを20gにする。
  • くるみ(無塩・ロースト):20g
  • バター(食塩不使用):40g
スポンサーリンク

作り方

  1. オーブン用の紙を型の底に合わせて切って敷く。
    紙を敷いておくと、型から外しやすくきれいに仕上がる。
  2. ビスケットは適当な大きさに割ってフードプロセッサーに入れる。くるみを加え、かくはんして細かく砕き、ボウルに移す。
  3. 耐熱容器にバターを入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に40〜50秒間かけて溶かす。(2)に加えてゴムべらで混ぜ、均一になったら1の型に敷き詰める。
    丁寧に指で押して型の縁まできっちりと詰めておくと、型から外したときにくずれず、きれいに仕上がる。
  4. クリームチーズは2cmほどの厚さに切る。耐熱皿に重ならないようにのせてラップをし、電子レンジ(600W)に1分間かけて柔らかくする。ボウルに入れ、泡立て器で混ぜてなめらかにする。
    クリームチーズの柔らかさは、泡立て器がスッと入るくらいが目安。
  5. (4)にグラニュー糖を加えてよくすり混ぜる。ヨーグルト、生クリームを順に加え、そのつど泡立て器で均一に混ぜる。
  6. 小さい容器に分量の湯(温度は粉ゼラチンの表示を参照)を入れ、粉ゼラチンを加えてよく混ぜる。完全に溶けたら、5に加えて手早く混ぜる。
    粉ゼラチンが溶け残っているときれいに固まらないので、完全に溶かす。
  7. (6)を(3)に流し入れ、冷蔵庫で3時間以上冷やし固める。
  8. (7)を円筒形の缶などにのせ、熱いぬれ布巾で型の側面を温め、そのまま押し下げて抜く。パレットナイフなどで紙ごと持ち上げ、型の底を外して完成!
    熱いぬれ布巾でやけどをしないように、ゴム手袋をして作業するとよい。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました