【きょうの料理】蒸し鶏のレモンしょうがだれの作り方。ワタナベマキのしみじみ冬おかず

きょうの料理

2022年1月10日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、ワタナベマキさんの「蒸し鶏のレモンしょうがだれ」の作り方をご紹介します。

人気料理研究家のワタナベマキさんの『ワタナベマキのしみじみ冬おかず』は、冬こそ味わってほしいというお気に入りの「蒸し料理」と「乾物使い」を2日間に渡り紹介してくれます。

1日目は、いいことづくしの「蒸し料理」。しっとりジューシーな鶏肉に、さわやかなたれでいただく「蒸し鶏のレモンしょうがだれ」、豚肉と里芋を濃厚なみそとゆずの香りで味わう「豚と里芋のみそ蒸し」、甘みと酸味のバランスが絶妙な「さつまいもの梅蒸し」の3品です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

蒸し鶏のレモンしょうがだれの作り方


出典:きょうの料理

材料(3~4人分)

  • 鶏もも肉:2枚(500g)
  • ブロッコリー:1/3コ(100~120g)

[レモンしょうがだれ]
  • しょうが(すりおろす):1かけ分
  • レモン汁:大さじ2
  • ごま油:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2

スポンサーリンク

作り方

  1. 鶏肉は常温に戻し、余分な脂を取り除く。厚みのある部分を切り開いて厚さを均一にし、皮にフォークで数か所穴を開ける。酒(大さじ2)をよくもみ込み、塩(少々)をふる。
  2. ブロッコリーは小房に分ける。
  3. レモンしょうがだれの材料は小さめの耐熱容器に入れ、よく混ぜ合わせる。
  4. せいろにオーブン用の紙を敷き、(1)の鶏肉を皮を上にして重ならないようにのせ、あいたところにレモンしょうがだれの器(2)を入れてふたをする。
  5. 蒸気の上がった鍋にせいろをのせ、強火で約6分間蒸す。
  6. ブロッコリーを加えてさらに3分間蒸し、火を止める。そのまま5分間おいて余熱で火を通す。
  7. 食べやすく切って器に盛り、レモンしょうがだれをかければ完成!

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました