【土曜は何する】ぶりかけの作り方|和田明日香さんの絶品「地味ごはん」レシピ

土曜はナニする?

2021年6月26日、カンテレ/フジテレビ系「土曜はナニする!?」の”予約が取れない10分ティーチャー”で放送された、和田明日香さんのぶりの照り焼きをふりかけにした「ぶりかけ」の作り方をご紹介します。

教えてくれたのは、カリスマ料理家・平野レミさんを姑に持つ『10年かかって地味ごはん。』の著者、料理研究家の和田明日香さんです。今回は、家にあるものでちゃちゃっと作る絶品「地味ごはん」を伝授!かぶがアクセントの麻婆豆腐牛肉のトマト煮、ぶりの照り焼きをふりかけにしたぶりかけ、えのきが決め手のふわふわ鶏つくねの4品を教えてくれました。気になるレシピの材料・作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

和田明日香さんの人気レシピをまとめて見るならこちら

スポンサーリンク

ぶりかけの作り方

ぶりの照り焼きを作る工程で身をほぐし、骨を除いて汁気を飛ばします。ほぐし身が煮汁を吸いこみご飯のお供にピッタリな一品です。”ふりかけ”ならぬ、”ぶりかけ”。和田さんらしいネーミングですね。玉ねぎと卵を使った味噌汁「たまたま味噌汁」もおすすめですよ。

材料(4人分)

  • ぶりの切り身:2切れ
  • かぶの葉(みじん切り):適量
  • しょうが(みじん切り):1~2片

[A]

  • 酒、みりん、しょう油:各大さじ3
  • 砂糖:大さじ1

  • いりごま:大さじ1~2
スポンサーリンク

作り方

  1. かぶの葉、しょうがはみじん切りにする。
    しょうがは皮付きのままみじん切りにしたほうがよい。
  2. 鍋に、[A]、しょうが、かぶの葉、ぶりの切り身を入れ、中火で2分に立たせる。
  3. ヘラでぶりの身や皮をほぐし、身が煮汁を吸うまで火にかける。
    身をほぐすことで皮が取りやすくなり、味が良くしみて美味しさUP!
  4. 最後にいりごまを加えれば完成!

和田明日香さんのレシピ本

自由奔放・料理のセンス抜群の平野レミさんをお姑さんに持つ和田明日香さん。元々料理ができなかったという和田さんがだからこそわかる、普段の家庭料理のコツをまとめたレシピ本です。

和田明日香(わだあすか):料理家。食育インストラクター。東京都出身。3児の母。料理愛好家・平野レミの次男と結婚後、修業を重ね、食育インストラクターの資格を取得。各メディアでのオリジナルレシピ紹介、企業へのレシピ提供など、料理家としての活動のほか、各地での講演会、コラム執筆、CM、ドラマ出演など、幅広く活動する。出典:楽天BOOKS

まとめ

「土曜はナニする!?」予約が取れない10分ティーチャーで放送された和田明日香さんの家にあるものでちゃちゃっと絶品地味ごはん「ぶりかけ」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは土曜はナニする!?で放送されたダイエットやレシピをまとめています。ぜひあわせてご覧くださいね。土曜はナニする!?はこちら

同じ日に放送された和田明日香さんのちゃちゃっと「地味ごはん」レシピ


土曜はナニする!?
毎週土曜 8時30分~9時55分
[MC] 山里亮太(南海キャンディーズ)、宇賀なつみ
[準レギュラー] 安めぐみ、田中卓志(アンガールズ)
[ゲスト] 朝日奈央、中田圭祐、見取り図
[コーナー出演] デヴィ夫人、ダイアン、和田明日香
タイトルとURLをコピーしました