【きょうの料理ビギナーズ】ひじきの厚焼き卵の作り方|煮物だけじゃないひじき(4)

きょうの料理ビギナーズ

2021年6月7日NHKEテレ「きょうの料理ビギナーズ」で放送された「ひじきの厚焼き卵」の作り方をご紹介します。

6月のテーマは『ストック食材で おいしくヘルシー! 』。第4回目のストック食材は”ひじき”。洋風の炒め物にした「ひじきとたこのにんにく炒め」と、卵焼きの具にした「ひじきの厚焼き卵」の2品をハツ江おばあちゃんから学びます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ひじきの厚焼き卵の作り方

材料(2人分)

  • 芽ひじき(乾):7g
  • 卵:3コ
  • 鶏ひき肉:50g
  • みつば:5本

    [A]
  • 砂糖:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • サラダ油
[1人分270kcal 調理時間15分
(ひじきを戻す時間、具を冷ます時間、粗熱を取る時間は除く)]
スポンサーリンク

作り方

  1. ひじきはたっぷりの水に約20分間つけて戻し、水で洗ってざるに上げる(ひじきとたこのにんにく炒めの1~3参照)。みつばは1cm幅に切る。
  2. 卵焼き器(または小さめのフライパン)にサラダ油(小さじ1)を中火で熱し、ひき肉を入れて炒める。肉の色が変わったら、(1)のひじきを加えて炒める。油が回ったら[A]を加え、弱めの中火で汁けがなくなるまで炒める。火を止め、バットに広げて冷ます。
    具を炒めるのも卵焼き器でOK。汁けが残ると卵焼きにしたときにまとまりにくく、色も悪くなるのでしっかり炒める。
  3. ボウルに卵を溶きほぐして(2)を加え、みつばを加えて混ぜる(卵液)。
    炒めた具は冷ましてから卵液に混ぜる。
  4. 卵焼き器をサッと洗って水けを拭く。サラダ油(大さじ1)を中火で熱し、卵液少々を落としてジュッと音がしたら、卵液の1/2量を流し入れる。大きく混ぜ、半熟になったら向こう側から折りたたむ。向こう側に押し、残りの卵液を流し入れ、同様に混ぜて巻く。粗熱を取り、食べやすく切ったら完成!
    卵液は2回に分けて入れる。巻いた卵を持ち上げ、下にも卵液を入れる。

同じ日に放送されたレシピ

まとめ

きょうの料理ビギナーズで放送された「ひじきの厚焼き卵」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

きょうの料理ビギナーズで放送されたレシピはこちら


番組内容
ハツ江おばあちゃんの指導のもと、ビギナー向きのレシピを2品ずつマスター。意外と知らない、今さら聞けない「料理の基本」も紹介しているので、学び直しにもピッタリです!
放送
Eテレ 月曜~水曜 午後9時25分
再放送
Eテレ 火、水、翌月曜 午前11時25分
総合 水、木、翌火曜 午前10時50分
タイトルとURLをコピーしました