【相葉マナブ】枝豆と里芋のチーズしんじょ風の作り方。東京都足立区の「枝豆」

相葉マナブ

2022年7月31日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「枝豆と里芋のチーズしんじょ風」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、東京都足立区で栽培されている『枝豆』!隅田川や荒川などの水資源に恵まれ平坦な土地が多い足立区では、古くから農耕が盛んな地域です。特に枝豆の生産量は多く、足立区の特産品として知られています。夏の食卓に欠かせない枝豆を使った絶品料理を地元の奥様から学びます。

“枝豆ベーコンポテト焼き”、“枝豆の豆乳そうめん”、いろんな料理に合う“枝豆ふりかけTKG”、見た目も綺麗な“ずんだ葛饅頭”など、枝豆をふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

枝豆と里芋のチーズしんじょ風の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(2個分)

[しんじょ]

  • 枝豆:120g
    里芋:4個:
    片栗粉:小さじ2
    塩:少々
    プロセスチーズ:2個

[餡]

  • かつおダシ:100ml
  • みりん:大さじ1
  • しょう油:大さじ1/2
  • 片栗粉:小さじ1
  • すだち
スポンサーリンク

作り方

  1. 枝豆は塩茹でし、さやから取り出しておく。プロセスチーズは1cm程度のサイコロ状に切る。
    枝豆の塩ゆでの作り方はこちら
  2. 里芋は皮を剥いて適当な大きさに切り、電子レンジ(500W)で2分加熱する。
  3. 熱が通ったらマッシャーで潰し、塩ゆでした枝豆、片栗粉、塩を加えて混ぜる。
    枝豆を多めに入れると芯所との食感の違いが楽しめる。
  4. ラップの上に(3)を広げ、プロセスチーズを芯にして丸める。
    あっさりした味付けのしんじょにはチーズの塩味とコクがアクセントに!
  5. 電子レンジ(500W)で1分半加熱したら、しんじょの完成。
  6. 餡を作る。火にかける前のフライパンにかつおダシ、みりん、しょう油、片栗粉を入れて混ぜる。
    片栗粉は火にかける前に混ぜておくとダマになりにくい。
  7. 混ぜ合わせたら中火にかけ、沸騰してとろみがつき、透明感が出るまで混ぜたら餡の完成。
  8. 器にしんじょを盛り、餡をかける。すだちの皮をすりおろして散らせば完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました