【相葉マナブ】里芋もちの作り方|旬の産地ごはん 横浜の里芋レシピ

相葉マナブ

2021年11月14日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、横浜の里芋を使った「里芋もち」の作り方をご紹介します。

今回は、神奈川県横浜市の地元農家の奥様から“里芋”を使った絶品レシピを教わります。農家さんが栽培しているのは“石川早生(いしかわわせ)”という品種の、小ぶりでトロっとした食感が特徴の里芋です。

オリーブオイルに入れて火にかけるだけの簡単“里芋のアヒージョ”、ねばねばの里芋を使った“里芋のアイス”、スライスした里芋を揚げる“里芋チップス”、揚げずに作れる”里芋コロッケ”、里芋をたくさん使った“里芋焼きそば”などが続々と登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Check!相葉くんの実家【桂花楼】の餃子がおうちで食べれます。口コミはこちら

スポンサーリンク

里芋もちの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

茹でたじゃがいもに片栗粉を合せて作る”いももち”を里芋に変えた料理です。甘辛いタレを絡めて仕上げた一品です。

材料(3枚分)

  • 里芋:3~4個
  • 片栗粉:大さじ2
  • 牛乳:大さじ1
  • 水:50ml
  • 砂糖:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • しょう油:小さじ1
  • バター:5g
スポンサーリンク

作り方

  1. 里芋は皮を剝いてひと口大に切り、耐熱ボウルに入れてラップをかけ、電子レンジ(600w)で3分加熱する。
  2. 電子レンジで加熱した里芋が熱いうちにマッシャーなどで粗く潰す。
  3. (2)片栗粉、牛乳を加えよく混ぜ合わせ、3等分に分けて丸く成形する。
  4. 中火で熱したフライパンにバターを溶かし、成形した里芋を並べて片面2分焼き、ひっくり返して1分焼く。
  5. 両面にこんがり焼き色が付いたら、水、みりん、しょう油、砂糖を加え、タレを絡めながら煮詰めれば完成!

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・DAIGO・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました