【相葉マナブ】新玉ねぎ餃子の作り方|千葉県白子町「新玉ねぎ」レシピ 旬の産地ごはん

相葉マナブ

2021年5月9日 テレビ朝日系列「相葉マナブ」”旬の産地ごはん~白子玉ねぎ~”で放送された、「新玉ねぎ餃子」の作り方をご紹介します。

今回の旬の産地ごはんでは、千葉県白子町で栽培されている”白子玉ねぎ”の新玉ねぎを使った絶品料理を地元の方から学びます。新玉ねぎは甘くみずみずしいですが、白子町で獲れるものは農家さん独自の工夫で、丸かじりできるほど甘く育つんだそう。

そんな新玉ねぎを丸ごと味わえる”新たまねぎのまるごとレンジ蒸し”、”新玉ねぎの丸ごとコロッケ”、新玉ねぎをたっぷりと使った餃子、色んな料理にアレンジできる丸ごと漬け、さらに相葉くん提案の新玉ねぎをたっぷり使った料理など、新玉ねぎを楽しめる絶品レシピが続々登場!材料や作り方をまとめたレシピを一覧にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

前回の”旬の産地ごはん~横浜キャベツ~”の絶品レシピはこちらから

スポンサーリンク

新玉ねぎ餃子の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

一般的にはネギを使うことが多い餃子に、新玉ねぎのみじん切りをたっぷり使います。みずみずしい新玉ねぎで、ジューシーな玉ねぎ餃子ができます。

材料(20個分)

  • 餃子の皮:1袋(20枚)
  • ごま油:大さじ1/2
  • 水:50ml

[タネ材料]
  • 新玉ねぎ(小):1個(約240g)
  • 豚挽き肉:130g
  • 片栗粉:大さじ2と1/2
  • 刻みしょうが:大さじ2(約25g)
  • ごま油:大さじ1
  • 酒:小さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • 砂糖:小さじ1/2
  • しょう油:小さじ1/2
  • コショウ:少々
スポンサーリンク

作り方

  1. 玉ねぎは粗みじん切りにし、片栗粉をまぶす。
  2. ボウルに、豚ひき肉、(1)の玉ねぎ、刻みしょうが、ごま油、酒、塩、砂糖、しょう、コショウを入れ、粘りがでるまでよく混ぜ、餃子の餡を作る。
  3. 餃子の皮の周りに少量の水(分量外)を塗り、餡を包む。
  4. フライパンにごま油をひき、餃子を並べ入れ、水を入れて中火で2分半フタをして蒸し焼きにする。
  5. 水分が残っていたら、フタを開けて水分を飛ばし、焼き色が付くまで焼けば完成!

まとめ

相葉マナブ『旬の産地ごはん~白子玉ねぎ~』で放送された「新玉ねぎ餃子」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[ゲスト] JUJU
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました