【相葉マナブ】イチゴのクリスマスケーキの作り方『パティスリーMASAKI』いちごのスイーツレシピ

相葉マナブ

2020年12月20日放送「相葉マナブ」の新企画『パティスリーMASAKI』で放送された「イチゴのクリスマスケーキ」の作り方をご紹介します。

今回の相葉マナブは、旬のフルーツを使いプロの道具を使わずにお家でも作れるスイーツを作る新企画『パティスリーMASAKI』を放送。今回の旬食材「いちご」を使い、パティシエMASAKIがシュークリームやクリスマスケーキ作りに挑戦しました。シュークリーム生地がうまく膨らまないという悩みを減らすポイントや、以前お世話になったお店の方から教わった「クリスマスケーキをお家で作るときのポイント」を紹介!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Check!相葉マナブ!鎌倉市『CALVA』でクリスマスケーキ作り!店舗情報や口コミは?(12月22日)

スポンサーリンク

「イチゴのクリスマスケーキ」の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料

[生地]
  • 卵:3個
  • グラニュー糖:70g
  • ハチミツ:25g
  • 薄力粉:90g
  • 無塩バター:30g
  • 牛乳:20mL

[ホイップクリーム]

  • 生クリーム:400mL(乳脂肪分 35%:200mL、42%:200mL)
  • グラニュー糖:36g

[トッピング]

  • イチゴピューレ:適量
  • イチゴ:適量
  • クリスマス飾り:適量
スポンサーリンク

ジェノワーズ(生地)作り方

  1. 卵にグラニュー糖、はちみつを混ぜ合わせ、湯煎にかけ、卵が厚めのお風呂(45度)くらいになるまで軽く混ぜながら温める。
    卵は温めることで泡立ちやすくなる。卵をしっかり泡立てることでふっくらとしたジェノワーズに仕上がる。
  2. ハンドミキサーを高速で約2分湯煎しながら混ぜたら湯煎から外し、中速で約6分混ぜる。
    高速で生地に空気を取り込み、中速で均一な小さな気泡に整える。中速の時はハンドミキサーをあまり動かさずに混ぜると均一になりやすい。
  3. ふるった小麦粉を2~3回に分ながら加え、ゴムベラでそこからすくい上げるように混ぜ合わせる。
  4. 溶かした無塩バターと牛乳を混ぜ合わせ、生地に加えてムラなく混ぜる。
    バターと牛乳を混ぜてから加えると、バターが生地に混ざりやすくなり、しっとりとして風味の良いジェノワーズになる
  5. オーブンシートを敷いた型に生地を入れ、軽くたたきつけて気泡を抜きキメを整える。
    衝撃を与えることで、焼きあがった生地の空洞の原因となる空気を抜く。
  6. 180℃に予熱したオーブンで25分焼く。
  7. 生地が焼けたら、衝撃を与えて空気を抜き、紙ごと型から取り外して冷ます。
    焼きあがった生地の中の温まった空気を抜くことで、冷めた時に生地がしぼんでかたくなるのを防ぐ。

デコレーションする

  1. デコレーション用のホイップを8部立てに泡立てる。イチゴは洗ってヘタを切り、半分にカットする。
  2. 生地をバットにのせ、ジェノワーズをパン切り包丁で記事を回しながら切込を入れ、切込に沿って半分にカットする。
  3. 1段目の生地にイチゴピューレを断面に塗り、8分立てにしたホイップクリーム、半分にカットしたイチゴをのせ、さらに上からホイップを重ねて形を整える。
  4. もう半分のスポンジの切った断面を上にして重ね、ホイップクリームをかけて全体に均一に塗る。
    切った面を上にすることで、平らになりデコレーションがしやすくなる。
  5. ケーキをお皿にうつし、お好みでホイップやオーナメント、アザラン、イチゴなどを飾り付けたら完成!

まとめ

相葉マナブの新企画”パティスリーMASAKI”で放送された「クリスマスケーキ」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2020.12.20放送】相葉マナブ『パティスリーMASAKI』関連記事


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ご飯」、「ホットプレートを使ったレシピ」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
≫カテゴリ「相葉マナブ」はこちら
[相葉マナブ] 毎週日曜 午後6時~放送
[出 演 者] 相葉雅紀・DAIGO・澤部佑(ハライチ)
タイトルとURLをコピーしました