【相葉マナブ】皮から作る!ご当地まん「角煮まん」の作り方(12月1日)

相葉マナブ

2019年12月1日(日)18:00~放送の相葉マナブのテーマは、”マナブ!小麦粉から肉まんづくり!”

鹿児島県産”黒豚”を使った「角煮まん」のレシピ(作り方と材料)はこちら☟

今回は、千葉県南房総市で300年続く農家の稲葉さんの畑で、相葉マナブメンバーが育て9月に収穫した小麦を使って、全国各地にあるご当地の”〇〇まん”を作りました。
鹿児島県の名産「黒豚」は、名古屋コーチンと同じく、生産性に富んだ白豚の勢いに押され、一時は黒豚頭数が激減しましたが、生産者の努力と鹿児島県の後押しもあり、徐々に回復し今や高級ブランド肉へと成長しました。
味は「さっぱりとしていて柔らかく、歯切れがよい」のが特徴。
塩コショウで焼いただけでも非常に美味しそうな”黒豚”を使って「鹿児島県のご当地まん”かにまん”」を作ってしまいます!
この記事では、マナブメンバーが作った”黒豚”を使った「角煮まん」の作り方をご紹介します!
相葉マナブ自然薯掘りロケ地である稲葉さんのレストランに関する記事はこちらです☟
スポンサーリンク

「角煮まん」の作り方

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

中華まんの皮の作り方はこちらです☟

材料(6個分)

  • 豚バラ肉(黒豚):300g
  • 長ねぎ(青い部分):1本
  • しょうが:1片
  • ニンニク:1片
  • 水:300ml
  • 砂糖:大さじ3
  • しょう油:80ml
  • 酒:60ml

 

作り方

  • 豚バラ肉を3㎝幅に切り、しょうがは薄切り、にんにくは叩いておく。
  • 鍋に豚バラ肉を入れ、両面に焼き目がつくまで焼く。
  • 水、長ねぎ、しょうが、にんにく、砂糖、しょう油、酒を入れ、中火で30分煮込み、火からおろし粗熱をとる。
  • 角煮を細かく切り、ボウルの中で煮汁と和える。
  • 具材を生地で包む。
  • 20分寝かせて20分蒸したら完成!

【12月1日放送】”マナブ!小麦粉から肉まんづくり!”の関連記事

全国ご当地まんレシピと”変わり種肉まん”お取り寄せ情報はこちら☟

北海道ズワイガニを使ったご当地まん「かにまん」の作り方はこちら☟
広島県の牡蠣を使ったご当地まん「かきグラまんまん」の作り方はこちら☟
”名古屋コーチン”を使った「愛知のご当地まん」の作り方はこちら☟

福岡県の郷土料理”がめ煮”を使ったご当地まん「がめ煮まん」の作り方はこちら☟

相葉マナブ恒例の中華枠!「四川風麻婆まん」をの作り方はこちら☟

 

まとめ

タイトルとURLをコピーしました