【相葉マナブ】”名古屋コーチン”を使った「カレーコーチンまん」の作り方(12月1日)

相葉マナブ

2019年12月1日(日)18:00~放送の相葉マナブのテーマは、”マナブ!小麦粉から肉まんづくり!”

”名古屋コーチン”を使った「カレーコーチンまん」のレシピ(作り方と材料)はこちら☟

今回は、千葉県南房総市で300年続く農家の稲葉さんの畑で、相葉マナブメンバーが育て9月に収穫した小麦を使って、全国各地にあるご当地の”〇〇まん”を作りました。
愛知県の特産である「名古屋コーチン」は、卵も鶏肉も美味しい「卵肉兼用種」です。外国産の種鶏の生産性に押され、一時期は絶滅危機にも瀕しましたが、今では”知名度の高い地鶏肉”として復活を遂げました。
歯ごたえとコクのある”名古屋コーチン”を使って、「愛知のご当地まん」を贅沢に作ってしまいます!
この記事では、マナブメンバーが作った広島県のカキを”名古屋コーチン”を使った「カレーコーチンまん」の作り方をご紹介します!
スポンサーリンク

「カレーコーチンまん」の作り方

出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

中華まんの皮の作り方はこちらです☟

材料(6個分)

  • 名古屋コーチンのひき肉:300g
  • 玉ねぎ:1/2個
  • しょうが:1片
  • ニンニク:1片
  • トマト:1玉
  • カレー粉:大さじ1
  • 小麦粉:大さじ2
  • ウスターソース:小さじ2
  • しょう油:小さじ1
  • ケチャップ:小さじ2
  • 塩:小さじ1/2
  • 鶏ガラスープ:150ml
  • ラード:大さじ1
  • 半熟卵:6個

作り方

  1. 玉ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切り、トマトは角切りにする。
  2. フライパンにラードをひき、玉ねぎ、しょうが、にんにくをいれて炒め、玉ねぎが透き通ってきたら、ひき肉を入れる。
  3. 肉に火が通ったらカレー粉と小麦粉を加えてz船体を混ぜ合わせ、トマト、ウスターソース、しょう油、ケチャップ、塩、鶏ガラスープを加えて炒める。
  4. 水分が飛んだらバットに移して粗熱を取る。
  5. 記事の真ん中にカレー、、半熟卵を置いて包む。
  6. 20分寝かせて20分蒸したら完成!

【12月1日放送】”マナブ!小麦粉から肉まんづくり!”の関連記事

北海道ズワイガニを使ったご当地まん「かにまん」の作り方はこちら☟
広島県の牡蠣を使ったご当地まん「かきグラまんまん」の作り方はこちら☟

鹿児島県の黒豚を使ったご当地まん「角煮まん」の作り方はこちら☟

福岡県の郷土料理”がめ煮”を使ったご当地まん「がめ煮まん」の作り方はこちら☟

相葉マナブ恒例の中華枠!「四川風麻婆まん」をの作り方はこちら☟

まとめ

タイトルとURLをコピーしました