【きょうの料理】鶏むねのパセリマリネソテーの作り方。渡辺麻紀さんのパセリマリネだれ。

きょうの料理

2022年9月6日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、渡辺麻紀さんに教わる「鶏むねのパセリマリネソテー」の作り方をご紹介します。

料理の味が決まらない、調理に時間をかけたくない…そんなお悩みを解消してくれる、自家製の万能だれを取り上げる2日間。万能だれは、「使い勝手がよく、保存ができて、手軽につくれる」のが万能なポイント!2日目は渡辺麻紀さんよりおしゃれなパセリマリネだれを教わります。

パセリをたっぷり使った清涼感が魅力の「パセリマリネだれ」は、作り置きしておけば、トマトとモッツアレラチーズたこの薄切りに”かけるだけ”で、食卓映えする素敵な一品に。さらに、クミンのスパイシーな香りを合わせた「えびのエキゾチック蒸し焼き」や「鶏むねのパセリマリネソテー」まで、メインおかずにも万能!いつもの洋風料理をぐっと格上げしてくれます。

材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

鶏むねのパセリマリネソテーの作り方


出典:きょうの料理

パセリマリネだれに粗く刻んだアーモンドを混ぜて、香ばしさをプラスした一品です。たれは2~3日たって味がなじんできたものを加熱調理で楽しみます。

材料(2人分)

  • 鶏むね肉:1枚(350g)

[A]


  • 生しいたけ:4枚(70g)
  • バター
  • こしょう
スポンサーリンク

作り方

  1. 鶏肉に塩(少々)をふり、混ぜ合わせた[A]をまぶす。冷蔵庫に20分間おき、取り出して10分間おく。[A]をこそげ落とし、とっておく。
    パセリマリネだれを鶏肉の皮と身の間にもまぶし、脂分と香りを全体に浸透させる。
  2. しいたけは石づきを除き、半分に切る。直径20㎝のフライパンにバター(5g)を弱火で溶かし、しいたけの切り口を下にして並べる。色づいたら塩・こしょう(各少々)をふって炒め、取り出す。
  3. (2)のフライパンを弱火にかけてバター(15g)を溶かし、鶏肉を皮を下にして入れる。溶けたバターを回しかけ、フタをして15分間ほど焼く(途中で4~5回バターを回しかける)。上下を返し、(1)でこそげ落とした[A]を回し入れ、フタをして5分間焼く。しいたけを加え、火を止めてフタをしたまま5分間おく。
  4. 鶏肉に火が通ったら食べやすく切り、しいたけとともに器に盛る。フライパンに残ったエーを回しかけたら完成!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました