【きょうの料理】玄米がゆと干し野菜の雑炊の作り方。大原千鶴さんのローリングストック

きょうの料理

2022年9月2日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さんに教わる「玄米がゆと干し野菜の雑炊」の作り方をご紹介します。

今月のおいしく使いきる!大原千鶴の愛情ごはんは、「ひと鍋で簡単 “ホッとする”ローリングストック」。9月は防災週間にちなんで、食べながら備蓄する「ローリングストック」に注目して、缶詰やレトルトパックなどを使ったホッとする味を紹介!

玄米がゆと干し野菜の雑炊」「さば缶とアルファ化米のばらずし」「豆とランチョンミートのトマトシチュー」、どれもひと鍋で簡単&おいしい!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

玄米がゆと干し野菜の雑炊の作り方


出典:きょうの料理

温めるだけのレトルトおかゆに乾燥野菜や魚を加えた、栄養バランスもバッチリな一品です。

材料(1人分)

  • 玄米がゆ(レトルトパック):1袋(250g)※なければ白米がゆでも。
  • 干し野菜(市販・カットタイプ):大さじ1
    ※番組ではキャベツ、にんじん、小松菜、大根を使用。
  • 卵:1コ
  • いわしのしょうゆ煮(缶詰):適量
  • 黒こしょう(粗びき)
スポンサーリンク

作り方

  1. 干し野菜は袋の表示どおりに、鍋もしくはメスティンに入れて水で戻す。
    メスティンとは、キャンプで使われる箱型の飯ごうのこと。鍋としても使え、重ねて収納しやすく、持ち運びもできて便利!(取扱説明書に従って使用してください)
  2. (1)に玄米がゆと塩(1つまみ)を加えて混ぜ、弱火にかける。温まってきたら卵を割り入れる。好みの加減の半熟状になったらいわしのしょうゆ煮をのせ、缶汁(少々)もかける。好みで黒こしょう少々をふって完成!卵をつぶしながら食べる。
    レトルトのおかゆは袋から直接鍋に加えて温められる。味がついていないものなら、食べなれた味つけにもできます。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました