【きょうの料理】ゆで豚の作り方。大原千鶴の愛情ごはん「肉おかずの冷凍ストック」

きょうの料理

2022年8月5日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さんより教わる「ゆで豚」の作り方をご紹介します。

『おいしく使い切る!大原千鶴の愛情ごはん』は、家庭で生まれるフードロスを減らす工夫を教わります。8月のテーマは、肉を冷凍焼けでダメにしたことのある方は必見!「すぐ食べられる!肉おかずの冷凍ストック」。「ゆで豚」や「牛しぐれ煮」のように、肉を「すぐ食べられる」状態に調理してから冷凍することで、マメに消費しやすく、暑くて調理時間を省きたい夏に重宝します。冷凍後も肉のしっとり具合をキープするコツや、解凍後のアイデア料理も紹介!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ゆで豚の作り方


出典:きょうの料理

材料は豚バラ肉のみ。ゆでキャベツやピーマンを添えて溶きがらし・みそ・粗塩などお好みの調味料をつけても!ゆで汁はスープにも活用できます。

材料(つくりやすい分量)

  • 豚バラ肉(塊):2~3コ(1㎏)
スポンサーリンク

作り方

  1. 大きめの鍋に湯を沸かし、豚肉を入れる。強火でグラグラと3分間ほどゆでて取り出し、アクを洗い流す。
    水で洗うと、アクや脂が落ちてゆで上がりがさっぱりとした味になる。
  2. 鍋に豚肉とかぶるくらいの水を入れてフタをし、中火にかける。沸いたらフタを少しずらしてのせ、弱火でコトコトと40~50分間ゆでる。柔らかくなったら火を止め、常温になるまでおく。
冷凍保存のやり方
冷凍する時はゆで汁に浮いた白い油は除く。豚肉は繊維を断つように1.5㎝厚さに切る。冷凍用保存袋に使いやすい分量とゆで汁(適量)を入れてシート状に整え、冷凍庫で保存する。
【保存】冷凍庫で約1か月間。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました