【きょうの料理】なすと鶏もものトマト煮の作り方。本田明子さんの夏はなすがうまい!

きょうの料理

2022年7月5日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、本田明子さんより教わる「なすと鶏もものトマト煮」の作り方をご紹介します。

夏野菜の主役・なすをたっぷり使った、さまざまな味わいの絶品おかずを2日間に渡って紹介する『夏はなすがうまい!

2日目は、小林カツ代さんに弟子入りし「簡単だけど手を抜かない」精神を受け継ぎ活躍する、家庭料理の達人・本田明子さんから、ご飯が進むなすおかずを伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

なすと鶏もものトマト煮の作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • なす:(大)2~3個(300g)
  • トマト(完熟):2~3個(400g)
  • 鶏もも肉:1枚(300g)
  • にんにく:1~2かけ
  • バジルの葉:適量

[A]

  • 水:カップ5
  • 塩:大さじ1

  • こしょう
  • オリーブ油
  • 酒(赤ワインまたは白ワインでもよい)
スポンサーリンク

作り方

  1. なすはヘタを除いてひと口大の乱切りにし、[A]を混ぜ合わせた塩水に5分ほどつけて、水けをきる。トマトはヘタの部分を大きく切り落とす。切り落としたヘタの周囲は小さく切る。にんにくは縦半分に切る。鶏もも肉は一口大に切り、塩(小さじ2/3)、こしょう(小さじ1/2)をふる。
  2. 厚手の鍋にオリーブ油(大さじ1杯半)、にんにく、なすを入れて強めの中火にかける。フツフツ、パチパチと音がしてきたら炒めはじめ、全体がアツアツになったら、(1)のトマトを切り口を鍋底につけて加える。ヘタの周囲にも一緒に加え、フタをして中火で3~4分間蒸し煮にする。
  3. トマトを木べらなどで粗くほぐすようにつぶす。フツフツとしているところに、鶏肉と酒(カップ1/4)を加えて、時々混ぜながら煮る。鶏肉に火が通ったらバジルの葉を加えて火を止め、全体をひと混ぜして完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました