【きょうの料理】里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮の作り方|杉本節子さんの秋野菜使いきり”里芋”

きょうの料理

2020年9月30日放送「きょうの料理」は、根菜のおいしさを詰め込んだ3日間シリーズ「秋野菜使いきり」です。3日目は、杉本節子さんが「フライパンで皮ごと蒸しゆで」することで、ラクラク下ごしらえ!「蒸しゆで里芋」を使って、ご飯がすすむ手軽においしい里芋料理4品を教えてくれました。

こちらでは、杉本節子さんの「里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮」の作り方をご紹介します。短時間でフライパンで煮たと思えないくらいしっかりとしたコクのある味に仕上がります。

スポンサーリンク

「里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮」の作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • 蒸しゆで里芋:8~10コ(400g)
  • 鶏もも肉:1枚(250g)
  • しめじ:1/2パック(50g)
  • しょうが:2かけ(20g)

蒸しゆで里芋の作り方はこちら≫≫≫


[A]
  • 水:80ml
  • 酒:大さじ1+1/2
  • 砂糖:大さじ1+1/2
  • しょうゆ:大さじ1+1/3
  • みりん:小さじ2
  • 昆布(3cm四方):1枚

  • さやいんげん(塩ゆでしたもの):8本
  • 青柚子の皮(すりおろす):適宜
  • こしょう
  • かたくり粉:小さじ2
  • サラダ油小さじ2
☑(1人分)480kcal ☑塩分:-g
スポンサーリンク

作り方

  1. しょうがは皮付きのまま薄切りにし、しめじは石づきを除き、食べやすい大きさにほぐす。鶏肉は一口大に切って塩、こしょうを軽くふり、かたくり粉をまぶす。
  2. 深めのフライパンにサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮側から焼く。焼き色がついたら上下を返し、全体をこんがりと焼く。
    里芋と一緒に調味料を煮からめるので、中まで火を通さなくてよい。
  3. 強めの中火にして蒸しゆで里芋と(1)のしょうが、[A]を加え、ふたをして7~8分間、時々煮汁を回しかけながら煮る。
    蒸しゆで里芋は中まで火が通っているので、煮汁を煮からめるだけでOK。
  4. ふたを外して(1)のしめじを加え、煮汁をとばすように鍋を揺すって、全体に煮汁をからませる。
  5. 器に盛って半分に切ったさやいんげんを添え、好みで青柚子の皮を散らしたら完成。

詳しくは、NHKテキストきょうの料理 2020年 10 月号をご覧ください。

created by Rinker
NHK出版
¥556 (2021/07/27 22:26:30時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

杉本節子さんの「里芋と鶏もも肉の甘辛照り煮」の作り方をご紹介しました。ご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


放送
[Eテレ]毎週月曜~水曜 午後9時
再放送
[Eテレ]毎週月曜~水曜 午前11時
[総合]毎週金曜 午前10時15分
タイトルとURLをコピーしました