【グレーテルのかまど】シャルロットの作り方。リボンをまとった華やかな冷たいケーキ。

グレーテルのかまど

2022年5月9日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」『イギリス王妃のシャルロット』より、「シャルロット」の作り方をご紹介します。

イギリス王妃が愛用していた帽子“シャルロット”に似ていることからこう呼ばれるようになったという「シャルロット」。サクッと軽いビスキュイ生地の中に、ババロアをたっぷり詰めて、表面にフルーツなどを飾った冷たいスイーツです。リボンをまとった華やかなケーキ作りにヘンゼルも挑戦!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

製菓材料・ラッピングアイテムをお得に買うなら【cotta】

スポンサーリンク

シャルロットの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(直径15cm 1台分)

[ビスキュイ生地]

  • 卵黄:40g(Mサイズ2個分)
  • グラニュー糖:30g
  • バニラエッセンス:適量
  • 卵白:60g(Mサイズ2個分)
  • グラニュー糖:30g
  • 薄力粉:60g

  • 粉砂糖:適量

[ババロア]

  • 牛乳:125ml
  • バニラのさや:1/4本
  • 卵黄:30g(Mサイズ1.5個分)
  • グラニュー糖:37.5g
  • 粉ゼラチン:5g
  • 水:30ml
  • 生クリーム:125g
    ※乳脂肪分38~47%を使用してください(番組では42%を使用)

[飾り]

  • いちご:適量
  • ラズベリー:適量
  • ブルーベリー:適量
  • ブラックベリー:適量
  • 赤すぐり:適量
  • ミント:適量

下準備

  • 薄力粉をふるっておく。
  • 型紙を用意しておく。
    天板のサイズに合わせた紙に、幅5㎝の帯状の線を2組(合わせて長さ47㎝以上になるように)、直径15㎝の円を1つ描く。
  • オーブンを200℃に温めておく。
  • ムースフィルムがある場合は、セルクル型の内側に巻いておく(なくてもOK)。
  • 粉ゼラチンを分量の水でふやかしておく。
スポンサーリンク

作り方

  1. 【ビスキュイ生地を作る】
    卵黄とグラニュー糖を白っぽくなるまですり混ぜる。
  2. バニラエッセンスを加える。
  3. 泡立てた卵白にグラニュー糖を3回に分けて加えながら、メレンゲを作る。
  4. (2)にメレンゲの一部を加え、切り混ぜる。
  5. 残りのメレンゲをもう一度かき混ぜ、(4)に全て加え、切り混ぜる。
  6. 薄力粉を加え、切り混ぜる。
  7. 絞り袋に詰め、裏返した型紙に沿って、幅5㎝×長さ47㎝の帯状に絞る。
  8. 直径15㎝の渦巻き状に絞る。
  9. 帯状に絞った生地の上に粉砂糖をふる。
  10. 200℃のオーブンで約10分焼く。
  11. 焼き上がり後すぐに天板から外し、型紙ごとぬれ布巾の上に置き、乾燥しないように紙をかけて粗熱をとる。
  12. 【型の準備をする】
    帯状の生地の下部をまっすぐに切りそろえ、両端の固い部分を切り落とす。
  13. セルクルの内側にあて、余分な生地を切る。(生地の切りそろえた側を下に、上面を外側に向ける。)
  14. 渦巻き状の生地を、底面の大きさにあうように切り抜き、はめる。
  15. 【ババロアを作る】
    鍋に牛乳とさいたバニラのさやを入れて沸騰させる。
  16. 卵黄とグラニュー糖をすり混ぜる。
  17. (15)を2回に分けて(16)に加え、鍋にもどし、弱火から中火で、混ぜながら83℃まで加熱する。火を止めて、ふやかしたゼラチンを加え、よく混ぜる。
  18. 清潔なボウルにこし、氷水にあてて25℃まで冷ます。
  19. ゆるく泡立てた生クリームと合わせ、混ぜる。
  20. (14)に流し入れ、冷凍庫または冷蔵庫で冷やし固める。
  21. フルーツを表面に飾って完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週金曜 午後1時05分
タイトルとURLをコピーしました