【グレーテルのかまど】バスク地方のチーズケーキの作り方。料理家 植松良枝さんのバスク風チーズケーキのレシピ

グレーテルのかまど

2021年10月4日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された「バスク地方のチーズケーキ」の作り方をご紹介します。

表面が黒く焦げているけれど、中はトロッと濃厚で美味しいバスクチーズケーキ。バスク地方で生まれたチーズケーキで、料理家 植松良枝さんが現地で教わった『バスク地方のチーズケーキの作り方』を伝授。材料も作り方もシンプルなのに、焦げるくらいまでに焼き上げたケーキの表面が香ばしく味わいがたまらない!「秋の夜長のチーズケーキ」。

材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

バスク地方のチーズケーキの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(18cm 1台)

  • クリームチーズ:500g
  • グラニュー糖:150g
  • 全卵:250g(Mサイズ5個分)
  • 薄力粉:15g
  • 生クリーム(47%):400g

下準備

  • 薄力粉をふるっておく
  • クリームチーズを常温にもどしておく
  • オーブンを220℃に温めておく
  • オーブンペーパーを40㎝角に切っておく
スポンサーリンク

作り方

  1. 常温に戻したクリームチーズに砂糖を入れて混ぜ合わせる。
    チーズがかたい時は、湯せんにかけるか、レンジで軽く温める。
  2. 溶きほぐした卵を3回に分けて加え、都度混ぜ合わせる。
  3. 薄力粉を混ぜ、生クリームを3回に分けて加え、混ぜる。
  4. 40㎝角のオーブンペーパーを丸めて水に浸し、水気を絞って型に敷き込む。
  5. 型に生地を流し入れ、220℃で約50分焼く。
  6. 粗熱を取り、冷蔵庫で一日冷やす。
    焼きあがった生地がこぼれそうな時は、ゴムべらで内側に入れ込む。
  7. 型の底を軽く温め、チーズケーキを型から外す。食べやすいサイズにカットしてお皿に盛りつけて完成!

まとめ

グレーテルのかまど「バスク地方のチーズケーキ」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました