【グレーテルのかまど】クイニーアマンの作り方。フランスブルターニュ地方の『バターの菓子』

グレーテルのかまど

2020年10月5日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された「フランス・ブルターニュのクイニーアマン」の作り方をご紹介します。

フランス・ブルターニュ地方の現地の言葉で『バターの菓子』という意味のクイニーアマン。フランス西部の港町で、お菓子が売り切れてしまったあるパン屋が、手元にある材料だけで作ってみたのが始まりなんだとか。ブルターニュ名産の有塩バターと、砂糖をたっぷり使用することで、外はさっくり!甘さの中にほのかな塩味を感じる独特の美味しさに仕上がります。

ヘンゼルは本場の切り分けて食べる大きなクイニーアマンに挑戦!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

フランス・ブルターニュのクイニーアマンの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(21cmの型 1台)

  • 準強力粉:200g ※フランスパン用の小麦粉がおすすめ
  • 塩:4g
  • グラニュー糖:6g
  • インスタントドライイースト:2g
  • 水:120ml
  • 有塩バター:140g(6gと 140gに分けておく)

  • 打ち粉(強力粉)
  • グラニュー糖:適量

下準備

  • 麦粉をふるっておく。
  • オーブンを200℃に温めておく。
スポンサーリンク

作り方

  1. 小麦粉、塩、グラニュー糖をボウルに入れて、混ぜ合わせる。
  2. 水とイーストを混ぜ合わせ、(1)に混ぜる。さらに、溶かした有塩バター(6g)を加え、生地を練る。
  3. ひとまとまりになったら、生地をたたきつけるようにこねる。生地がつながったら、常温で1時間発酵させる。1時間後、生地を丸め直し、ビニールに包んで冷蔵庫で15時間休ませる。
  4. 冷たいバターをオーブンペーパーに挟んで麺棒でたたき、『13×13㎝ 3mm厚』サイズの薄い四角にのばす。
  5. 冷蔵庫から生地を取り出し、『16×16㎝』サイズの四角にのばす。生地の中央に45度ずらしてバターを置き、生地で四方から包んでしっかり閉じる。
    バターが温まると生地となじんで層にならないため、手早く行う!
  6. 台に打ち粉をし、めん棒で生地をたてにのばし、3つ折りにする。生地を90度回転させてのばし、さらに三つ折りを行う。
    打ち粉は強力粉を使用する。
  7. 生地が乾燥しないようにビニールで包み、冷凍庫で30分冷やす。
  8. グラニュー糖を打ち粉に使い、生地をのばして3つ折りにする。折るときにもグラニュー糖をしっかりまぶす。
  9. 形を丸く整え、オーブンペーパーを敷いた型に入れる。
  10. 生地の表面に、ペティナイフで深さは3mmほどのひし形に切り込みをいれる。
  11. 表面にはけで牛乳をぬる。
  12. 200℃のオーブンで約40分焼き、焼けたら型から出して粗熱をとったら完成!

まとめ

グレーテルのかまど「フランス・ブルターニュのクイニーアマン」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました