【相葉マナブ】トマトたっぷりエビチリの作り方。東京都練馬区の「トマト」

相葉マナブ

2022年6月26日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「トマトたっぷりエビチリ」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、東京都練馬区で栽培されている『トマト』!大玉トマトよりも少し小さい“フルティカ”という中玉トマトと、甘みが強くコクのあるミニトマトや、フルーツのような甘みがある黄色いミニトマトを使った絶品料理を地元の奥様から学びます。

まずはカプレーゼの和風バージョン“和風カプレーゼ“、赤と黄色のミニトマトを使ったカラフルな“ミルフィーユサンド”、トマトを丸ごと入れて炊く“炊き込みご飯”、何にでも合う“万能トマト味噌”、相葉くんの提案でケチャップの代わりにトマトを使った“あの料理”など、トマトをふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

トマトたっぷりエビチリの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

ケチャップの代わりにトマトを使ったエビチリです。

材料(2~3人分)

  • 中玉トマト:5~6個
  • トマト味噌:大さじ2
  • エビ:300g
  • 塩:適量
  • 片栗粉(下処理用):適量
  • サラダ油:適量
  • ごま油:大さじ1
  • にんにく:1片
  • しょうが:1片
  • 長ネギ:1本
  • 豆板醤:小さじ1
  • 酒:大さじ2
  • 砂糖:大さじ1
  • 鶏がらスープの素:小さじ1
  • 水溶き片栗粉:大さじ1
スポンサーリンク

作り方

  1. トマトはざく切りにする。エビは殻と背ワタを取り、塩と片栗粉をもみこんで洗い流し、キッチンペーパーで水気を拭いておく。にんにくとしょうが、長ネギはみじん切りにしておく。
  2. 中華鍋にサラダ油を入れ、下処理したエビを先に炒める。色が変わったら、エビを皿などに一度取り出す。
    先にエビに火を通すと、生臭さが取れる。
  3. 中華鍋にごま油を熱し、にんにく、しょうが、豆板醤を入れて炒める。ネギとトマトを加え、トマトを潰しながら炒める。
  4. トマトがソース状になったら、酒、砂糖、鶏がらスープの素、トマト味噌を加えて中火でさらに炒める。
    潰したトマトと万能トマト味噌がトマトケチャップの代わりに。
  5. エビを戻して全体に絡め、水溶き片栗粉でとろみをつければ完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました