【相葉マナブ】大福の作り方。新春恒例!第6回マナブ餅つき

相葉マナブ

2022年1月9日 テレビ朝日「相葉マナブ」新春恒例!第6回マナブ餅つき!で放送された、「大福」の作り方をご紹介します。

今回は、千葉県印旛郡(いんばぐん)の農家さんが作っている、のびが良くコシと粘りが強い“ふさのもち”というもち米を使ってお餅をつき、ついたお餅できなこ餅や豆餅、大福作り!さらに、農家さん直伝 地元ならではの食材を使った絶品お雑煮や、”粒すけ”という品種のうるち米を使ったみたらし団子も!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Check!相葉くんの実家【桂花楼】の餃子がおうちで食べれます。口コミはこちら

スポンサーリンク

大福の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

手作りのあずきあんをつきたてのお餅で包んでいます。

材料

[あんこ](作りやすい分量)

  • 小豆:400g
  • ザラメ:400g
  • 塩:ひとつまみ

  • 餅:50g
  • あんこ:30g
  • 片栗粉
スポンサーリンク

作り方

  1. 【あずきあんを作る】
    鍋に小豆と水(1L程度)を入れて沸騰させ、弱火で15分茹でたらザルにあげ、茹で汁を捨てる。
  2. 小豆を鍋に戻し、再度水(1L程度)を入れ沸騰させ弱火で20分茹でる。
  3. 再び茹で汁を捨て小豆を鍋に戻し、かぶるくらいの水を入れ弱火で約40分煮る。
    途中、小豆が水面から出ないように、必要に応じて差し水をする。
  4. 小豆がやわらかくなったら、ザラメを半量入れて約5分煮る。
  5. 残りのザラメと塩を加え、水気が無くなるまで混ぜながら煮詰める。
  6. バットに移して、粗熱を取る。
  7. 【餅で包む】
    餅に片栗粉をつけながら円形に広げ、あんこをのせて包み、形を整えて完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました