【相葉マナブ】塩むすびの作り方|超美味しい塩むすびを作りたい!

相葉マナブ

2021年9月5日 テレビ朝日「相葉マナブ」超美味しい塩むすびを作りたい!で放送された「塩むすび」の作り方をご紹介します。

今回は千葉県山武郡で、吊るした網に海水を撒き、太陽と風の力で海水を濃縮させていく「流下式採かん」という伝統的な技法を学び、海水から塩を作って行きます。この塩を使って美味しい塩むすびを作るコツを教わりつつ絶品塩むすびづくり!他には、塩づくりで出来た”にがり”を使って作る豆腐など、塩を使った絶品料理が登場!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Check!相葉くんの実家【桂花楼】の餃子がおうちで食べれます。口コミはこちら

スポンサーリンク

塩むすびの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

超美味しい塩むすびを作るために、相葉くんたち体験した「流下式採かん」での塩づくり。このお塩で作る絶品しおむすびの作り方を、ミシュランガイドビブグルマンに3年連続掲載された、東京浅草のおにぎり専門店「宿六」三代目店主の三浦洋介さんが教えてくれました。

材料

  • 米:3合
  • 水:460ml
  • にがり:5滴
  • 氷:120g

  • 塩:適量

最高のおにぎりの握り方。ミシュラン掲載おにぎり専門店「宿六」店主が伝授

スポンサーリンク

作り方

  1. 炊飯器の釜に洗米し浸水して水を切った米、水、にがり、氷を入れて炊く。
  2. 炊いたご飯をしゃもじで軽く1杯(70~80g)とり、まな板(またはお皿など)にのせ、1㎝の厚さに広げる。
  3. 手に水をなじませ、塩をつけた小さなご飯のかたまりを(2)の中央にのせ、周りのご飯を優しくつまんでかぶせる。
  4. まな板の上で軽く三角形に整える。
  5. 指3本分(第一関節までを目安)につけた塩を手のひらに馴染ませ、3回で握れば完成!
    ふんわりさせるため、握るのは3回のみ!

流下式採かんで作られた「山武海の塩」通販お取り寄せ情報

相葉くんたちも体験した「流下式採かん」という伝統技法で作られた千葉県山武市のお塩です。

まとめ

相葉マナブ・超美味しい塩むすびを作りたい!で放送されたた「塩むすび」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2021.9.5放送】相葉マナブ 関連記事


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました