【相葉マナブ】とうふちくわと梨の照り焼きポークロールの作り方|鳥取県・とうふちくわ|ご当地名産品ごはん

相葉マナブ

2020年9月6日放送の相葉マナブでは日本全国の名産品を使ったアレンジレシピを取り上げる『#362マナブ!ご当地名産品ごはん』が放送されました。こちらでは、鳥取県の名産品・とうふちくわを使った「とふちくわと梨の照り焼きポークロール」の作り方をご紹介します。

今回、とうふちくわレシピコンテストで優勝した、岡部直美さん考案のレシピ「トーフ・ナッシーの照り焼きポークロール」のレシピが放送されました。梨は鳥取県の二十世紀梨を使用し、鳥取の名産尽くしですね。

スポンサーリンク

「とふちくわと梨の照り焼きポークロール」の作り方

「トーフ・ナッシーの照り焼きポークロール」


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

とうふちくわは、江戸時代から続く鳥取県東部の名産品です。白身魚30%・木綿豆腐70%で作られたヘルシーなちくわで、白身魚の食感と大豆の香りが楽しめます。麻婆豆腐の豆腐の代わりに、磯辺揚げに、揚げ餃子にしても美味しい名産品です。

材料(3個分)

  • とうふちくわ:1本
  • 二十世紀梨:1/3個
  • 豚バラ肉:3枚
  • 片栗粉:適量
  • しょう油:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1
  • 白ごま:適量

  • サラダ油:大さじ1
スポンサーリンク

作り方

  1. とうふちくわを3等分に切る。梨の皮をむき、1.5㎝幅の拍子木切り(棒状)に切る。
  2. とうふちくわに梨を差し込み、豚肉で巻く。
  3. 片栗粉を茶こしでまぶす。
  4. フライパンにサラダ油をひき、肉の巻き終わりが下になるように置いて、中火で焼き目がつくまで焼く。
  5. 醤油、みりん、酒、砂糖で味をつけ、照り焼きにする。
  6. お皿に移し、白ごまをかけたら完成!

まとめ

ご当地名産品ごはん「とふちくわと梨の照り焼きポークロール」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2020.9.6放送】相葉マナブ『ご当地名産品ごはん・レシピ』関連記事

【相葉マナブ】松前漬けのオムレツの作り方|北海道・松前漬け|ご当地名産品ごはん

【相葉マナブ】からし漬けてんぷらの作り方|山形県・民田茄子からし漬け|ご当地名産品ごはん

【相葉マナブ】栃尾のあぶらげピザの作り方|新潟県・板尾の油揚げ|ご当地名産品ごはん

【相葉マナブ】黒はんぺんフライの作り方|静岡県・黒はんぺん|ご当地名産品ごはん

【相葉マナブ】いわし明太子の冷や汁の作り方|福岡県・いわし明太子|ご当地名産品ごはん

タイトルとURLをコピーしました