【トリセツショー】カビの取説まとめ。かくれカビ予防法&簡単カビ落とし術やり方など。

あしたが変わるトリセツショー

2022年6月23日 NHK「あしたが変わるトリセツショー」で放送された、「カビの取扱説明書(取説)」かくれカビ予防法&簡単カビ落とし術やり方などをまとめましたので、ご紹介します。

梅雨の季節、お風呂場や食べ物などにカビが生えやすくなりますが、目につきにくいところに生える「かくれカビ」が部屋や洋服のカビ臭さの原因になっている場合も。その「かくれカビ」が発生する主な原因は結露。梅雨時でも“ある条件”を満たすと家の中に結露が大量発生する可能性が!かくれカビが生える意外な場所とすぐにできる対策法を大公開!一度生えてしまったカビを根こそぎ落とす簡単カビ落とし術も!ぜひ参考にしてみてくださいね。

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

家具裏にも生える「かくれカビ」に注意!

普段気にとめない家具の裏には、隠れカビが生えていることがあります。家具裏のカビを放っておくと、においの原因になるだけでなく、洋服などにカビが移ってしまう危険性もあります。

一般的にカビが生えやすい湿度は80%以上とされていますが、この家具裏のかくれカビは湿度以外にもの原因があります。

家具裏のかくれカビの原因は、梅雨どきの結露にあります。家具裏のカビは梅雨の時期、比較的気温が低い日に発生しやすいと考えられます。梅雨どきの湿度では、わずかな温度差でも結露してしまう可能性があります。

家具裏のかくれカビは隙間で防げる!予防法のやり方

4㎝の隙間で温度差を防ぐ。

壁と家具の間に隙間を空けることで、壁や床と家具との間に部屋の暖かい空気が流れ込み、その結果、温度が低下せず、カビが生えにくくなります。家具と床との間に隙間が空けられない場合は、壁との間だけでも空けると有効です。

番組では、梅雨どきの家の環境を再現して実験したところ、隙間の幅が4㎝以上であれば家具裏の温度が下がらず、湿度も上がりにくいという結果が得られました。

浴室のカビを防ぐには、目地の周りを拭くだけでも効果的!お風呂上りに換気扇を回すと、室内の空気が入れ替わり、温度は下がりますが、目地の水分だけが残ってしまいカビの原因に。

スポンサーリンク

カビを根こそぎ落とす方法

家具裏のカビにはアルコールが有効

アルコールには、カビの細胞を壊して死滅させる力があります。

ポイントは、アルコールを押し当て「しばらく待つ」

カビの菌糸は、壁の中まで入り込み根づいています。さっと拭くだけでは菌糸が残り、しばらくするとまた生えてきてしまう可能性があります。

アルコールを押し当てしばらく待ち、カビを根絶やしにすることが再発を防ぐポイントです。

トリセツ流 カビの落とし方

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、『あしたが変わるトリセツショー』に関する記事を他にもまとめています。ぜひあわせてご覧くださいね。あしたが変わるトリセツショーの記事はこちら

NHK『あしたが変わるトリセツショー』
[放 送] NHK総合 毎週 木曜 午後7時57分
【司会】市村正親,
【声】濱田マリ,峯田茉優,
【ゲスト】大島美幸,黒沢かずこ
【語り】山路和弘
[番組内容] MC石原さとみがお届けする新・生活科学情報エンターテインメント番組!
食・健康・生活、あらゆるテーマを、最新科学と大実験・大調査をもとに解き明かし、真のお役立ち情報満載の「トリセツ」にしてご紹介!
タイトルとURLをコピーしました