【きょうの料理】辛くないマーボー豆腐の作り方。立川談笑さんの「ちょいと呑(の)みたくなっちゃうね!」。

きょうの料理

2023年9月15日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、立川談笑さん「辛くないマーボー豆腐」の作り方をご紹介します。

落語家の立川談笑さんの「ちょいと呑(の)みたくなっちゃうね!」 。特技の料理の腕をふだんから家族や弟子たちのためにふるうそうです。今回は、お酒も大好きという談笑さんに、お酒に合う料理を教わります。

串をうつ手間を省いた「串なし焼き鳥」、辛い料理が苦手な来客のために考案した「辛くないマーボー豆腐」、白ワインによく合う「サーモン昆布クリームチーズ」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

辛くないマーボー豆腐の作り方

辛い料理が苦手な来客のために、立川談笑さんが考案しました。豆板醤を使わないので全然辛くないですが、食べるとマーボー!複雑な味がしてご飯もお酒も進む、大満足の一皿です。

材料(2~3人分)

  • 豚ひき肉:200g
  • 絹ごし豆腐:1丁(400g)

[A]

  • にんにく・しょうが(各みじん切り):各1かけ分
  • 豆鼓:4g
  • ザーサイ(味つき):小さじ1(5g)

  • にら:1ワ(100g)
  • ねぎ(粗みじん切り):大さじ1

[B]

  • チキンスープの素(中華風/ペーストタイプ):小さじ1弱
  • オイスターソース:大さじ1
  • トマトケチャップ:大さじ2
  • 紹興酒(または酒):大さじ4
  • しょうゆ:大さじ1

[水溶き片栗粉]

  • 水:大さじ1
  • 片栗粉:小さじ2

  • サラダ油
  • ごま油
スポンサーリンク

作り方

  1. 豆腐は1.5㎝角に切る。[A]の統治とザーサイは粗く刻む。にらは小口切りにする。水溶き片栗粉は混ぜ合わせる。
  2. フライパンにサラダ油(大さじ1)を中火で熱し、[A]を入れて炒める。香りがたったらひき肉を加えて、ほぐしながら炒める。色が変わったら[B]を順に加えて炒め、水(170ml)を注ぎ、豆腐を加えて6分間煮る。
    豆腐を入れたら菜箸で触らない。形が崩れません。
  3. (1)の水溶き片栗粉を回し入れ、フライパンを揺すりながら1分間煮てとろみをつける。にらを加えて軽く混ぜ、ごま油(少々)を回し入れる。器に盛り、ねぎを散らして完成!

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました