【きょうの料理】納豆もちの作り方。大原千鶴の愛情ごはん「正月料理の残り福」リメイクレシピ。

きょうの料理

2023年1月6日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さん「納豆もち」の作り方をご紹介します。

今回の「大原千鶴の愛情ごはん」は、もちや黒豆、おせちの余りの根菜類に、いただきもののかまぼこなど、年末年始で食べきれなかった食材をちょっとしたアイデアで新しい料理に変身させる「正月料理の残り福」のリメイク・アイデアレシピを紹介。

もちを使った「もちおこわ」「納豆もち」、黒豆の「ミルクゼリー」、さらに「かまぼこ&れんこんチップス」まで。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

納豆もちの作り方


出典:きょうの料理

大原さんの故郷・花脊(はなせ)や京北(けいほく)とその周辺地域で親しまれている伝統食「納豆もち」をつくりやすくアレンジ!

材料(1人分)

  • 切り餅:1コ(50g)

[A]

  • 納豆:1/2パック(20g)
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:1つまみ

[B]

  • きな粉:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1/2
  • 塩:少々
スポンサーリンク

作り方

  1. 表面加工のしてある小さめのフライパンに切り餅と水(大さじ2)を入れて弱火にかけ、ふたをして5分間、途中上下を返して加熱する。火を止めて1分間余熱で餅をふやかすように柔らかくする。[A]と[B]はそれぞれ混ぜ合わせておく。
  2. (1)の餅をオーブン用シートの紙に取り出し、へらで少し広げ、[A]をのせて半分に折りたたむ。端を手でギュっと押さえてとめる。[B]を全体にまぶす。好みで食べやすく切り、器に盛りつけて完成!
    柔らかくした餅を”餃子の皮”のようにして、甘じょっぱく味つけした納豆を包む。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました