【きょうの料理】豚肉とかぶのさっぱり炒めの作り方。村田吉弘さんの「煎り酒」和食のおいしさ再発見。

きょうの料理

2022年11月18日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、京料理人・村田吉弘さん「豚肉とかぶのさっぱり炒め」の作り方をご紹介します。

和食のおいしさを世界に広めている京料理人・村田吉弘さんが、日本で親しまれてきた調味料の魅力を再発見!

テーマは「煎(い)り酒」。室町時代や江戸時代の文献に登場する調味料で、梅干しや酒などの材料を煮詰めてつくります。スッキリとした風味と、素材の味を引き立てるやさしい味わいが魅力で、今回は村田さんの家に代々伝わる「煎り酒」のつくり方を伝授。さらに煎り酒を使った「手羽元と里芋の梅煮」「豚肉とかぶのさっぱり炒め」などの料理も紹介。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

豚肉とかぶのさっぱり炒めの作り方


出典:きょうの料理

煎り酒で炒めるだけで、満足感のあるメインおかずになります。豚バラ肉のコクと、煎り酒の程よい酸味が相性の良い一品です。

材料(2人分)

  • 豚バラ肉(薄切り):150g
  • かぶ:2コ(400g)
  • かぶの葉:適量
  • 生しいたけ:6枚(60g)

[A]

  • 梅干し(刻む):20g
    ※煎り酒をつくったあとのもの。ほかの梅干しを使う場合は、味をみて梅干しの分量を調整する。
  • 煎り酒:60~80ml

  • 糸とうがらし:適量
  • サラダ油
スポンサーリンク

作り方

  1. かぶは茎を1㎝ほど残して葉を切り落とし、皮をむいて8~10等分のくし形に切る。かぶの葉は5㎝長さに切る。しいたけは軸を除いて斜め半分に切る。豚肉は5㎝長さに切る。[A]は混ぜ合わせる。
  2. フライパンにサラダ油(少々)をちゅびで熱し、豚肉としいたけを炒める。豚肉の色が変わったらかぶを加え、油が回ったら[A]を入れる。
    豚バラ肉から出る脂を、煎り酒がさっぱりと食べやすい味に。
  3. ひと煮立ちさせたらかぶの葉を加え、汁気がなくなるまで炒める。器に盛り、糸とうがらしをのせて完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました