【きょうの料理】ツナ缶リエットとシャルキュトリーの作り方。タサン志麻の小さな台所。

きょうの料理

2022年10月28日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、タサン志麻さん「ツナ缶リエットとシャルキュトリー」の作り方をご紹介します。

タサン志麻さんが、料理を無理なく楽しむコツを伝授するシリーズ「タサン志麻の小さな台所」。3回目のテーマは「記念日ごはん」。特別な日だからこそ、つくり手も楽しめる頑張りすぎないレシピを紹介!

秋は、志麻さんの長女の1歳の誕生日。メニューは大人も子どもも食べられて、簡単なのに見栄えのする無理なくつくれるコース料理です。前菜の「ツナ缶リエットとシャルキュトリー」とデザートの「かぼちゃのプリン」は前日つくっておけば当日が楽に。メインの「サーモンときのこのパイ包み」はオーブンにお任せし、焼く間に「さつまいものポタージュ」をつくる、調理や段取りのコツも伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ツナ缶リエットとシャルキュトリーの作り方


出典:きょうの料理

シャルキュトリーとは、フランス語でハムなどの食肉加工品のこと。市販のものでも、華やかに盛りつければ、ごちそう感のある前菜に大変身します。ツナ缶でつくる利絵っとは、手軽ながら本格的な味わいです。

材料(3~4人分)

  • ツナ(缶詰/油漬け):1缶(小・70g)
  • クリームチーズ(個包装のもの):3~4コ(55~70g)
  • 生ハム:4枚
  • ロースハム(薄切り):4枚(大・60g)
  • サラミ(薄切り):30g
  • 好みのピクルス・オリーブ:各適量
  • バゲット(1cm厚さに切る):適量
  • 黒こしょう
  • 粗びき
スポンサーリンク

作り方

  1. ツナは缶汁をきり(缶汁はとっておく)、ボウルに入れてクリームチーズを加え、スプーンなどで混ぜ合わせる。缶汁を少しずつ加えながらさらに混ぜ、好みの堅さになったら器に盛る。
    冷蔵庫で30分間以上冷やし、黒こしょう適量をふる。好みでよいが、油分が多めの方が口当たりがよくなる。
  2. 生ハム、ロースハム、サラミ、ピクルス、オリーブ、バゲットとともに盛りつける。
    生ハムはフワッと盛ると立体感が出て、色のグラデーションがきれいに見える。ロースハムは筒状に巻いて重ねて盛るとお店風に。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました