【きょうの料理】サーターアンダギーの作り方。オカズデザインさん監修「ちむどんどん比嘉家のオカズレシピ」

きょうの料理

2022年9月9日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、オカズデザインさん「サーターアンダギー」の作り方をご紹介します。

NHK朝のドラマ「ちむどんどん」もいよいよ終盤。ドラマに出てくる絶品料理2品を監修するオカズデザインの吉岡ご夫妻が、お盆やお正月などの特別な日に並ぶ宮廷料理の一つ「ラフテー」と、子どもも大人も大好きな沖縄のおやつ「サーターアンダギー」のレシピを公開!どちらも縁起の良い沖縄料理です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

サーターアンダギーの作り方


出典:きょうの料理

材料(12コ分)

[A]

  • 塩:小さじ1/4
  • 菜種油:大さじ1

[B]※合わせてふるう。

  • 薄力粉:300g
  • ベーキングパウダー:小さじ1

  • 卵:3コ
  • 黒砂糖:40g
  • グラニュー糖:40g
  • シークワーサー(搾りやすく切る):2~3コ
  • 揚げ油
スポンサーリンク

作り方

  1. ボウルに卵を割り入れてほぐし、黒砂糖とグラニュー糖を加えて泡立て器ですり混ぜる。全体が混ざったら[A]を加え、そのつどすり混ぜる。
    菜種油を少しずつ加えてすり混ぜると、生地がなめらかに仕上がる。
  2. [B]の約1/3量を加え、なめらかになるまで混ぜる。ゴムべらに持ちかえ、残りの[B]を加えてサックリと全体を混ぜる。ラップをかけ、冷蔵庫で約10時間ねかせる。
    粉類は粘りを出さないように、手早く混ぜ合わせる。
  3. 手に菜種油(分量外)をつけて生地を12等分にし、丸く形を整える。
    手に油をつけてから丸めると、生地がつかずにきれいにまとまる。
  4. たっぷりの揚げ油を160℃に熱し、(3)を6コ入れて約9分間揚げる。網に揚げて油をきり、熱いうちにシークワーサーの半量を搾り、塩(適量)を全体にふる。残りも同様につくったら完成!
    油を160℃に保つことで生地がふんわりとふくらむ。割れ目がこんがりと色づいたら取り出す。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました