【きょうの料理】ピーマンのカップ焼きの作り方。大原千鶴の愛情ごはん、残り物リメイク法

きょうの料理

2022年6月3日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さんに教わる「ピーマンのカップ焼き」の作り方をご紹介します。

家庭で生まれるフードロスを減らす工夫を取り上げる『おいしく使い切る!大原千鶴の愛情ごはん』。6月のテーマは、冷蔵庫に少しずつ残った作り置き、時間がたってかたくなったトーストや焼き魚などを、新たな料理に変身させる驚きの残り物リメイク法を紹介!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ピーマンのカップ焼きの作り方


出典:きょうの料理

材料(6個分)

  • ピーマン:3個
    ※あればパプリカでも。
  • 好みの総菜:適量
    ※カップ焼き1個につき、総菜とトッピング合わせて20g前後。
    「総菜×トッピングのおすすめ組み合わせ」
    ・鶏の唐揚げ×ミニトマト(半分に切る)
    ・ポテトサラダ×パン粉
    ・五目煮豆×バター
    ・煮物(みぶ菜・大根)×ピザ用チーズ
    ・焼きざけ(ほぐす)×マヨネーズ
    ・ごぼうのきんぴら×ピザ用チーズ
  • レモンの皮(国産):適量
  • 黒こしょう(粗びき):適量
  • イタリアンパセリ:適量
  • 粉とうがらし:適量
  • オリーブ油
スポンサーリンク

作り方

  1. ピーマンは縦半分に切って、種とヘタを除く。大きければさらに縦半分に切る。フライパンにオリーブ油(大さじ1/2)をひき、ピーマンの皮を下にして並べる。ピーマンに総菜を詰め、ピザ用チーズ、バター以外のトッピングをのせる。
  2. フタをして弱めの中火で5分間ほど焼く。ピーマンがしんなりとしたら好みでトッピングのピザ用チーズ・バター(各少々)をかけ、フタをしてチーズがとけるまで焼く。
  3. 器に盛り、好みでレモンの皮、黒こしょう、イタリアンパセリ、粉とうがらしをあしらう。好みでレモン(分量外)を添えて完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました