【きょうの料理】きんかんとささ身のスープの作り方。井澤由美子さんの手仕事12か月「きんかん」

きょうの料理

2022年2月15日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、井澤由美子さん「きんかんとささ身のスープ」の作り方をご紹介します。

今月の『手仕事12か月』は「きんかん」。井澤由美子さんが教えてくれるのは、ビタミンCが豊富で、古くからせきやのどの痛みをやわらげるために用いられてきたきんかんで、料理にデザートに万能な保存食の作り方を伝授!

料理のアクセントに重宝する「きんかんの塩水漬け」、デザートやドリンクに使う洋風甘煮の「きんかんの白ワインシロップ煮」、それらを使ったアレンジレシピを教えてくれました。材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

きんかんとささ身のスープの作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • きんかんの塩水漬け:2個
  • 鶏ささ身(筋は除く):(大)2本(150g)

[A]

  • きび糖(または砂糖):少々
  • きんかんの塩水漬け(漬け汁):大さじ1
  • 酒:大さじ1

[B]

  • 水:カップ2(400ml)
  • きんかんの塩水漬け(漬け汁):大さじ2~2杯半

  • ルッコラ:8舞(30g)
  • オリーブ油:適宜
  • 黒こしょう(粗びき):適宜
スポンサーリンク

作り方

  1. きんかんの塩水漬けは縦半分に切る。ささ身は縦半分に切ってから3等分の斜め切りにしてバットに入れ、[A]きび糖(少々)・酒(大さじ1)・きんかんの漬け汁(大さじ1)を順にまぶす。
  2. 小鍋に[B]水(カップ2)・きんかんの漬け汁(大さじ2~2杯半)、きんかんの塩水漬け(2個)、(1)のささ身を汁ごと入れ、強めの中火で煮立たせ、アクを取る。弱火にし、ささ身に火が通るまで3~4分間煮る。
  3. 器に盛ってルッコラを添え、お好みでオリーブ油・黒こしょうをふり、パン(分量外・適宜)を添えて完成!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました